「イチケイのカラス」の竹野内豊と黒木華に注目。あらすじと感想を届けます!

出典:映画.com

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が9000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、裁判官を中心に描かれるリーガルサスペンス物語。

「イチケイのカラス」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

浅見理都の漫画が原作。

原作者了承の元、原作とは主人公が違い、一部のキャラクターも変更になっている。

2021年にフジテレビでドラマ化された作品。

2023年1月13日に劇場公開された。

監督は「コンフィデンスマン」シリーズの田中亮。

主演はドラマから継続し、竹野内豊黒木華

予告動画の紹介

出演者の紹介

入間みちお:竹野内豊

本作の主人公。熊本から岡山県秋名市に異動している。

坂間千鶴:黒木華

本作のヒロイン。みちおの赴任先の隣町・日尾美町で「他職経験制度」で弁護士に転身している。

鵜城英二:向井理

史上最年少で防衛大臣に就任したエリート。

月本信吾:斎藤工

坂間とバディを組む地方の弁護士。

土井潤:柄本時生

岡山地方裁判所秋名支部の右陪席。

赤城公子:西野七瀬

岡山地方裁判所秋名支部の左陪席。

駒沢義男:小日向文世

イチケイ(東京地裁第三支部第一刑事部)の部長裁判官。

浜谷澪:桜井ユキ

“イチケイ”の書記官。

小早川悦子:吉田羊

「シキハマ株式会社」の産業医。

小早川輝夫:宮藤官九郎

悦子の夫で町役場の職員。

三田村武晴:尾上菊之助

「シキハマ株式会社」の顧問弁護士。

木島昌弘:平山祐介

「シキハマ株式会社」の工場長。

島谷秀彰:津田健次郎

貨物船の船長。

島谷加奈子:田中みな実

秀彰の妻。被告人。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

入間みちおが、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を去って2年が経った。

岡山に異動となった入間みちおはそこで今まで通り過ごしていた。

そんな入間に、主婦が最年少防衛大臣に刃物で切りつけた傷害事件が舞い込んでくる。

出典:映画.com

切りつけられた鵜城防衛大臣の背景には、イージス艦と貨物船の衝突事故があった。

しかし、不審点が多い事件で、航海記録が紛失しており、謎に包まれていた。

航海記録は国家機密であり、入間の得意技が使えなかった。

一方、坂間千鶴は、裁判官の「他職経験制度」で弁護士になっていた。

奇しくも配属先が、入間の隣町の日尾美町だ。

出典:映画.com

千鶴は日尾美町で、7割の町民が働く「シキハマ株式会社」の産業医・小早川悦子と仲良くしていた。

街自体は平和で過ごしやすく、そんな街の人の悩みを今日も解決していた。

シキハマのトラックと接触事故をおこしたお婆さんのために奮闘する千鶴。

そんなとき、人権派の弁護士・月本信吾と出会う。

出典:映画.com

千鶴は月本の人柄に惹かれていく。

二人で行動をともにしていく中で、街を支えているシキハマにどうも怪しい不審点が浮かび上がってくる。

千鶴と月本は、シキハマの実態を調べるために動き始める。

しかし、そんな二人の行動を厄介に思う何者かの妨害にあう千鶴。

出典:映画.com

入間もイージス艦事故とシキハマの事件に繋がりがあると踏み、「職権発動」を行う。

入間と千鶴の二人は、別方面からそれぞれの謎を追う形になる。

そんな時、千鶴はシキハマ株式会社の工場長から怪しいお金を受け取る月本の姿を見かける。

出典:映画.com

最悪の形で裏切られてしまう千鶴。

しかし後日、月本は帰らぬ人となってしまう。

開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったのだ。

そして、重なり合う2つの事件。

入間と千鶴はこの局面にどう立ち向かうのか。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

テレビドラマ版を観ていなかったのが悔やまれるくらい、面白かったです。

弁護士や検事に焦点が当てられることはよくあるが、裁判長視点というのが良い。

いくつになっても、カッコいい竹野内豊さん

あんな大人になりたいと思いながら観てました(笑)

オープニングに津田健次郎さんをもってくるのはグッドチョイスでした。

もう少しスクリーンで観ていたかったなー。

物語は伏線回収もあり、予想外の展開もありで楽しめる。

キャストも豪華なので、見飽きない。

向井理さんはこういうエリート役がハマり役ですね!スーツが似合いすぎる。

劇場版を観て、ドラマを見返す人が増えそう。私はその一人です。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

黒木華さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

斎藤工さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「イチケイのカラスに興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします