「空飛ぶタイヤ」の長瀬智也が渋すぎる!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、ある日いきなり起こった不慮の事故で人生が一変した人たちの物語。

「空飛ぶタイヤ」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

池井戸潤の小説が原作。

池井戸にとって初の映画化作品となる。

2018年6月15日に劇場公開された。

主演は、TOKIOの長瀬智也

予告動画の紹介

出演者の紹介

赤松徳郎:長瀬智也

赤松運送二代目社長。

社員の事を家族のように思っており、絶対に守ると決めている。

門田駿一:阿部顕嵐

赤松運送の自動車整備士。

自身の整備したトラックで事故が起きてしまう。

宮代直吉:笹野高史

赤松運送の専務。

社長を支える重要人物。

谷山耕次:六角精児

赤松運送の整備管理者。

高嶋靖志:大倉孝二

赤松運送の総務課長。

赤松史絵:深田恭子

徳郎の妻。

沢田悠太:ディーン・フジオカ

ホープ自動車販売カスタマー戦略課長。

赤松運送からの問い合わせを撥ねていたが、ある事実を見つけてしまう。

小牧重道:ムロツヨシ

ホープ自動車車両整備課長。

社内に大きいネットワークを持っている。

杉本元:中村蒼

ホープ自動車 品質保証部。

ホープ自動車内の不審なことに疑問を抱く。

井崎一亮:高橋一生

東京ホープ銀行本店営業本部。

週刊潮流記者の榎本優子とは大学時代の友人。

高幡真治:寺脇康文

港北警察署刑事。

榎本優子:小池栄子

週刊潮流の記者。

ホープ自動車の事件を探っている。

室井秀夫:和田聰宏

ホープ自動車品質保証部課長

柚木雅史:浅利陽介

妙子の夫。

事故で妻を亡くし、赤松運送を恨んでいる。

柚木妙子:谷村美月

事故で亡くなった被害者。

相沢寛久:佐々木蔵之介

大手運送会社北陸ロジスティックスの総務課長。

赤松運送に重要な書類を託す。

濱中譲二:津田寛治

東京ホープ銀行本店営業本部長。

巻田三郎:升毅

東京ホープ銀行専務。

狩野威:岸部一徳

ホープ自動車常務取締役。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

親から引き継いだ運送会社を錐もみしている赤松徳郎。

整備会社だったところから運送業まで成長していた。

そんな会社の整備部にいた門田は品行方正とはいえず、しかし徳郎はクビにはしなくなかった。

社員の事を家族と思い、全員守ると固く誓っていたのだ。

そんな時、警察から連絡が入り、赤松運送の運転手がトラックで事故を起こしたと聞かされる。

運転手に話を聞くと緩いカーブでスピードも出していないのに、タイヤが外れたというのだ。

出典:映画.com

そして、最悪なことにそのタイヤが路上を歩いていた親子にあたってしまったのだ。

子供は軽傷だったが、母親は直撃してしまい、即死だった。

トラックは、販売元のホープ自動車が回収し、事故の調査が行われることになった。

赤松運送は整備不良を疑われており、国交省の特別監査が入ることになった。

トラックを整備していたのは門田で、さすがの徳郎も今度ばかりは許せずに、有無を言わさずにクビにしてしまう。

しかし、彼のロッカーの中からは、綿密に計画された整備ノートが出てくる。

そこには正規のチェック以上のチェックが行われており、彼が原因ではないことがわかる。

徳郎は、門田の元に行き、戻ってきてくれるように謝罪をする。

事故のことが新聞沙汰になり、取引先が離れていき、倒産の危機に立たされる赤松運送。

ホープ銀行にも融資をもらえなくなり、窮地に陥ってしまう。

そんな中、事故原因の結果が出て、赤松運送の整備不良となってしまう。

その結果を元に、警察が赤松運送の家宅捜査に入ってくる。

しかし、数日たっても音沙汰がないことに専務の宮代は疑問に思う。

決定的な証拠ないのだと思い、独自に調査を始める徳郎。

まずは、調査担当のホープ自動車・沢田にコンタクトを取ろうとする。

しかし、全く取り合ってくれない状況が続く。

整備課長の谷山は1台だけタイヤが外れるのはおかしいと言い、宮代が過去にも同じようなことがあったことを見つける。

徳郎は過去に同じようなことが起きた野村陸運に話を聞きに行く。

そこで、ホープ自動車のトラクターの構造に欠陥があるのではないかと思い始める。

一方、沢田は連日の徳郎からの催促にうんざりしていた。

だが、ある日品質保証部の課長が赤松運送のことを聞きに来たのを疑問に思う。

そして、車両整備部の小牧に相談したところ、小牧が連れてきた社員から品証部には「T会議」と呼ばれる会議が存在することを知る。

その会議では、リコール隠しが行われていた。

憤慨する沢田だが、上司からこの件は全て忘れろと釘を刺される。

出典:映画.com

徳郎は独自調査を進めていた。

問題のハブは門田が調査しており、それが戻ってくれば立証できると思い、ホープ自動車へ返却を申し出る。

しかし、品証部から返さないと言われていた沢田は、バラバラで返すことが難しいと告げる。

相変わらずとりつく暇もない対応に徳郎は苛立ちを抑えきれない。

沢田は小牧の協力を得て、「T会議」のことを調べていた。

そこには狩野常務取締役の名前があった。

狩野はグループ企業であるホープ銀行に200億の融資を申し出ていた。

出典:映画.com

しかし、担当の井崎は事業計画のずさんさから稟議を出さなかった。

ホープ自動車も経営が上手くいっていなかったのだ。

沢田は小牧から紹介された品証部の杉本と会っていた。

杉本は品証部だが、「T会議」への不満があったのだ。

ホープ自動車が好きな杉本は、不正が許せなかった。

彼の協力もあり、3年前のリコール隠しも突き止めた沢田だったが、彼を疎ましく思った狩野により、栄転をちらつかされる。

沢田は一刻早く、赤松運送の件を片付けようと徳郎と接触することにする。

出典:映画.com

問題のハブを返すの時間がかかるとし、代わりにその期間、保証金として1億円支払うと提案する。

倒産の危機にある赤松運送にとって、またとない申し出だった。

徳郎は一旦考えさせてくれと言い、その場は帰ることにする。

事故で亡くなった柚木家の四十九日を訪れた徳郎たちは、そこで夫から否認し続けることを自分の事しか考えていないと罵倒されてしまう。

被害者の息子から、亡き母親への手紙を見せてもらった徳郎は、揺らいでいた1億円の申し出を断ることにした。

宮代から、社員を守ると言っていたあの決意はどこに行ったのかと言われてしまう。

徳郎は沢田に断りを入れて、息子からもらった手紙を叩きつける。

沢田はもうどうでも良くなり、後任に全てを任せて、商品開発部への異動を決める。

そんな徳郎の元に、週刊潮流の記者が訪れる。

彼女はホープ自動車のリコール隠しの記事を書いていたのだ。

記事が出れば、一気に状況をひっくり返せると思った徳郎。

しかし、その記事は上からの圧力で握りつぶされてしまう。

さらに、銀行からは今までの融資を全額返してくれと言われ、被害者の夫から訴えるという手紙が届き、離れていく社員まで出てしまう。

絶体絶命の危機に陥ってしまう赤松運送。

果たして、真実は明らかに出来るのか。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

人生はいつどこで何が起きるかわからないですね。

そして、中小企業の社長というのはとても大変な役職だという事も知りました。

少ない従業員だからこそ、家族のように思う。

そして、そんな会社だからこそ、みんなが守りたいと思う。

映画ではあるが、素晴らしい会社だと思いました。

長瀬智也さんの若き社長に、笹野高史さんの先代から支えてくれている専務。

この二人のコンビが良かった。

そして、ディーンフジオカさんムロツヨシさんの旧友感も良かった。

自分もこんな仲間を作りたかったなと思いました。

大きい会社には、大きい会社なりの問題を抱えていて、中小には中小の問題があり、それがわかりやすく表現されていた。

どんな人でも、それぞれ悩みを持って仕事をしている。

そして、誰もがその中でもがき苦しんでいるんだということを学んだ。

サラリーマンに見てほしい映画の一つになりましたね!

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

ディーンフジオカさん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

高橋一生さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで、邦画を中心に観ている...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「空飛ぶタイヤ」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします