「50回目のファーストキス」の長澤まさみがせつない!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、1日分しか記憶できない病気の甘く切ない物語

「50回目のファーストキス」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓本を聴いてみるなら「amazon audible」がお得ですよ!!↓↓

↓↓ギフト券なら「amazon charge」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

原作は2004年に公開されたピーター・シーガル監督のコロンビア映画。

全米初登場1位を獲得している。

これを日本が誇る名監督、福田雄一がリメイク。

2018年6月1日に劇場公開されました。

主演は山田孝之長澤まさみ

ドラマ版・映画版の「世界の中心で愛を叫ぶ」コンビが共演します。

主題歌も同じく「世界の中心で愛を叫ぶ」でも歌った平井堅。

出典:映画.com

出演者の紹介

弓削大輔:山田孝之

オアフ島のツアーガイドで天文学の研究者。

日本からの観光役で落とせない女性はいない。と豪語するプレイボーイ。

藤島瑠衣:長澤まさみ

木の衝突事故により、寝てしまうと今日の記憶を無くしてしまう障害をもつ。

美術の先生をしていて、絵が得意。

藤島健太:佐藤二朗

瑠依の父親。瑠衣と一緒に乗った車で衝突事故を起こしてしまう。

瑠衣の為と思い、弟の慎太郎と共に毎日、同じ一日を繰り返させている。

藤島慎太郎:太賀

瑠依の弟。筋トレ好きのゲイ(?)。

姉を献身的に支える。

ウーラ山崎:ムロツヨシ

大輔の親友。

味方和彦:勝矢

大輔の旅行代理店の上司。

高頭すみれ:山崎紘菜

大輔の同僚。大輔に片思いしている。

名取医師:大和田伸也

瑠依の主治医。

スー:Myhraliza G.Aala

カフェ「KENEKE’S GRILL」の店員。

瑠衣の母の親友だった。

スポンサーリンク

あらすじ

ハワイで旅行代理店の仕事をするプレイボーイの弓削大輔は、ある日、カフェで藤島瑠衣という女性に一目惚れしてしまう。

大輔から話しかけ、瑠衣もまんざらではない感じでいい雰囲気になった二人。

また明日同じ時間に。とカフェで待ち合わせを約束する。

しかし、翌日同じカフェであった瑠衣は大輔のことを全く覚えていないようなそぶりをみせる。

戸惑う大輔にカフェの店員スーが「交通事故の後遺症で、新しい記憶が一日で消えてしまう」という事実を聞かされる。

大輔は瑠衣を追いかけて、家に行く。

そこでは父親と弟が、その事実を隠して、毎日同じ一日を繰り返すようにされていた。

すべての事情を知った大輔は、毎朝、様々なパターンで瑠衣に告白を続ける。

一途な想いを瑠衣に伝え続ける。

大輔の機転により、距離が近づいていく二人。

しかし、瑠衣が大輔の本当の夢を知ってしまい、ある行動にでる…

今まで観てきた中で、史上最高のラブストーリーだと確信しました。

出典:映画.com

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

9点です。

プレイボーイの主人公が、一人の女性に夢中になってしまう。

ありきたりな展開かもしれないが、その女性が自分のことを忘れてしまう病気をもっている。

プレイボーイの一途な想いが凝縮された物語。

夢の為に、愛する人を忘れる決意をした瑠衣。

瑠衣への想いが夢を超えてしまった大輔。

ここまで心を揺さぶられた作品はありませんでした。

福田監督作品のラブストーリーは初めてでした。

コメディ要素がどうしても強く、佐藤二朗さんやムロツヨシさんなどのコメディ組が出演されているということでどうだろうか。

と思っていたことは観終わった後に後悔しましたね。

ここまで泣かされてしまうかというくらい号泣してしまいました。

山田孝之さんと長澤まさみさんの演技も素晴らしかったです。

どんなことでも想い続ければいつかはきっと届く。ということを言われた気がします。

1日しか記憶がなくても、恋もして、幸せをつかめる。

前半のコメディ要素が、後半のシリアスな展開をより一層、際立たせたと思います。

父親も弟も姉の病気に対して、献身的で悲しさを出さないところがよかった。

最初のファーストキスから最後のファーストキスまで49回。

49回目以外の全てで瑠衣は「ファーストキスって最高!」と言います。

これが印象として残るから、最後に言わなかったのがとても悲しかったです。

賛否両論はもちろんあるが、私自身の感想としては最高の映画だと思う。

恋愛映画としてみるなら、ギャグは不要だし、コメディ映画としてみるなら、重い恋愛は不要だからどっちつかずという意見が多い。

でも、コメディがうまくあるから、シリアスなシーンが際立つと思った。

佐藤二朗さんがピコ太郎のパロディをするシーンはとても面白いし、大輔が何度も瑠衣に告白しようとするシーンは良かった。

ビデオレターで、瑠衣が大輔と会った時だけ口ずさむ曲をBGMとして使用していた時は、グッとくるものがありましたね。

ラストの場面、急に目の前に現れた大輔に対して、拒否反応を示さない瑠衣。

今までなら拒否していた全く知らない人のはずなのに…

それは毎晩、夢に出てきた人にそっくりだったから。

アトリエに飾られていた大輔のたくさんの絵は、忘れたくても忘れられない想いの強さを表しているのだと感じた。

それの想いを受け取った大輔は、瑠衣の元に行って良かったのだと思ったのではないだろうか。

スポンサーリンク

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「50回目のファーストキス」

興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします