「パラレルワールド・ラブストーリー」のあらすじや感想、評価とレビュー

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、二つの異なる世界を行き来する青年の不思議な物語。

「パラレルワールド・ラブストーリー」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

作品情報の紹介

東野圭吾の小説が原作。

累計発行部数は110万部。

2019年5月31日に劇場公開された。

監督は「宇宙兄弟」の森義隆。

主演は、Kis-My-Ft2の玉森裕太

予告動画の紹介

出演者の紹介

敦賀崇史:玉森裕太

総合コンピュータメーカー「バイテック社」に勤務。

研究・教育機関である「MAC技科専門学校」に在籍し、研究をすすめている。

三輪智彦:染谷将太

崇史とは中学から大学まで一緒で親友。

足が悪く内向的だが、頭脳がずば抜けている。

ある研究に没頭している。

津野麻由子:吉岡里帆

「MAC技科専門学校」の研究員。

崇史の恋人であり、智彦の恋人でもある。

桐山景子 : 美村里江

崇史と同期入社の社員。

篠崎伍郎 : 清水尋也

「MAC技科専門学校」の研究員。

三輪班に所属している。

柳瀬礼央 : 水間ロン

「MAC技科専門学校」の研究員。

敦賀班に所属している。

岡田夏江 : 石田ニコル

崇史の遊び友達。

須藤隆明 : 田口トモロヲ

「MAC技科専門学校」の教官。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

敦賀崇史は学生時代、電車がすれ違う時に、一瞬だけ会える女性に恋をしていた。

やがて、崇史は運命に導かれるように再会した、津野麻由子と付き合うようになる。

幸せな時間を過ごす崇史だったが、ある日、目を覚ますと麻由子は親友の三輪智彦の恋人になっていた。

出典:映画.com

目が覚めるたびに、麻由子が自分の恋人の世界と、智彦が恋人の世界を行き来するようになる。

どこかで経験したことがあるような感覚に常に襲われ続ける崇史。

しかし、自覚のない状態で、それぞれの世界の状況にあわせて、生きていた。

世界を行き来する回数が増えて始める崇史。

それと共に、違和感が膨れ上がっていく。

麻由子が最初の鍵になっていることに気づき始める崇史。

出典:映画.com

智彦がなにやら怪しい研究をしていることを同僚から耳にする。

記憶に関する研究で今はアメリカに行っているということが判明する。

しかし、それが現実世界の出来事なのかが崇史にはわからない。

崇史は二つの世界での出来事を自分なりに整理していく。

二つの世界で、同じ現象が起きていたことに気づく崇史。

喫茶店で写真を撮っていることを思いだし、そこに映っている人物を確認する。

出典:映画.com

ついに、現実世界に気づく崇史。

自身に起きていた不思議な現象について、次々と判明していく中で、気を失ってしまう。

麻由子は一体、誰の恋人なのか…

智彦は何を研究していたのか…

そして、崇史の身に何が起きていたのか…

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

物語自体は面白い!

だけど、展開はめまぐるしすぎて、頭が追い付いていかないですね(笑)

でも、その構成がうまく出来ているんだと思います。

観る側も混乱させるような展開。

主人公と同じような気分になって観れる体験型サスペンスですね。

謎が少しづつ解けていくところは、惹きこまれますね。

東野圭吾作品というだけで期待感が上がってしまいます。

玉森裕太さんの演技もなかなか良かったと思います。

記憶が不安定で、不安に押しつぶされそうな演技、最高でした。

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

染谷将太さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

吉岡里帆さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで、邦画を中心に観ている...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「パラレルワールド・ラブストーリー」

興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします