林和泉さんの本屋はどこ?売れる売り方とは?文喫ってなに?

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、9月8日のフジテレビ系

「セブンルール」の出演された

「林和泉さをご紹介させて頂きます

林和泉さんの経歴や魅力的な部分など

紹介していきますね!

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

林和泉さんとはどんな人?

1992年に岐阜県で生まれました。

大学卒業後、2014年に日本出版販売株式会社に入社。

大学はどちらかわからないですね。

首都圏の紀伊國屋書店3店舗の営業を担当して

売上改善や販売効率化の積極的に行いました。

2017年より本の楽しみ方を拡大する

新規事業の立上げを担当します。

そして、2018年12月にオープンした

東京・六本木の「文喫」副店長を務めるに至ります。

スポンサーリンク

林和泉さんの本屋はどんなところ?

なんと本屋さんでありながら「入場料」が必要だと

いう本屋さん「文喫」というお店の副店長さん。

東京都港区六本木にある本屋。

入場料は平日1,500円(税別)休日1,800円(税別)

「本と出会うための本屋」がコンセプト。

ここでは入場料を支払うと、コーヒーやお茶などは

飲み放題で、色んな本が読み放題なんです。

そして、お気に入りがあれば購入も出来るといったお店です。

寝転んだりして読めるのも特徴。

3万冊モノの本が並ぶ。

1日約100名くらいの方が来店されると。

そして滞在時間平均が5時間と凄いですね。

出典:Flier

林和泉さんのセブンルールとは?

誰しも自分に課しているルールがある。

①1タイトル1冊しか仕入れない

②検索機は置かない

③月曜日は父親とメールする

④仕入れに迷ったらTwitterで検索する

⑤常にしおりを持ち歩く

⑥煮詰まったときはみじん切りをする

⑦とにかく多くの本に触れる

出典:フジテレビュー

まとめ

スタッフが20名ほどおられる文喫で

林和泉さんはスタッフの意見に耳を傾けて

店舗作りをしているという素晴らしい方だなと。

自分たちの意見を取り入れてくれると

働く楽しみがありますよね。

3万冊もの本があるのに検索機は置かない。

これにはお目当ての本を探す過程でも

何か新しい本を見つけてほしいという

林和泉さんの思いが込められていた。

選書サービスには驚いた。

お客様におススメの本をプレゼンするサービス。

わたしは映画に置き換えて考えてみた時

とても自信をもって出来るサービスではないなー

って思ってしまった。

そんな部分があり、今の自分の仕事にも

通じる部分が多くあった。

しおりを持ち歩いていて、次に読む方のことまで

考えて行動しているところは感銘を受けた。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「林和泉さん」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします