伊勢谷亜耶子さんって何者?仕事への想いとは?

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、9月15日のフジテレビ系

「セブンルール」の出演された

「伊勢谷亜耶子さをご紹介させて頂きます

伊勢谷亜耶子さんの経歴や魅力的な部分など

紹介していきますね!

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

伊勢谷亜耶子さんとはどんな人?

1985年、東京三鷹市生まれの現在35歳。

祖母が二世帯住宅に建て替えたことがきっかけで

住宅に興味を持ち始めます。

慶應義塾大学環境情報学部卒業の

経歴を持っておられ、大学卒業後は

株式会社コスモスイニシアへ入社。

新築分譲マンションの営業サポート業務に従事されます。

そこで働いている中で、ご自身の中に

「人の数ほど住まいの在り方はあるはず」という想いが

芽生えてきて、住居の様々な利便性を提案できる

リノベーション業界に転職を決めます。

その後、株式会社ツクルバへ入社し

中古住宅の流通プラットフォーム「cowcamo」を

立ち上げる。

現在は「cowcamo」の編集長である。

会員登録者数は20万人にものぼります。

出典:Cowcamo

伊勢谷亜耶子さんの魅力は?

建物の築年数や最寄りの駅からの距離だけでなく

住宅周辺のお店などの情報を細かく記載して

読む側に面白さを与える「cowcamo」

その背景には伊勢谷亜耶子さんが

徹底していることがありました。

実地調査の際に、なんと車を使わないそうです。

ご自身の足で赴き、目で見て肌で感じること

大切なのだという。

周辺の環境が非常に重要だといいます。

歩いてみないとその土地の魅力は感じられない。

スポンサーリンク

伊勢谷亜耶子さんのセブンルールとは?

誰しも自分に課しているルールがある。

①物件は植木までみる

②部屋のデメリットは隠さない

③自分の家は借りずに買う

④おもしろい靴下をはく

⑤休日は一日中、東京を歩く

⑥日記帳を持ち歩く

⑦古い建物を慈しむ

出典:Cawcamo

まとめ

住宅にも一つ一つ物語があるという伊勢谷亜耶子さん。

お客様に勧める物件は自分で観ることをかかさないのが

素晴らしいですね。着目点も普通とは違いました!

お客様に勧めるとき、デメリットも包み隠さずに

伝えるという部分はとても親切だなと感じた。

伊勢谷亜耶子さんは家を自分好みにリノベーションする為に

借りるのではなく常に買うのだという。

それは、誰かの箱の中で生きるのは人生豊かにならない

いう信念があるからだという。

出典:フジテレビュー

不動産の概念を覆す可愛さしい恰好の伊勢谷亜耶子さん。

何かお客様と話すきっかけになればといいます。

スーツで決めるよりもラフな格好の方が

いいのかもしれませんね。

何よりも住宅に住む人のことを

心から考えてその為に出来ること

全てやり切るという姿勢に感動しました。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「伊勢谷亜耶子さん」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします