「小説の神様 君としか描けない物語」の橋本環奈が可愛い!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、お互いに悩みを持った二人の天才小説家が共作に挑む物語。

「小説の神様 君としか描けない物語」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

相沢沙呼の小説が原作。

2020年10月2日に劇場公開された。

監督は「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭。

主演は、佐藤大樹橋本環奈

予告動画の紹介

出演者の紹介

千谷一也:佐藤大樹

文芸部員で高校生作家。

千谷一夜のペンネームで活動している。

SNSでの誹謗中傷に心をやられてしまっている。

小余綾詩凪:橋本環奈

一也の学校に転校してきた売れっ子小説家。

不動詩凪のペンネームで活動している。

九ノ里正樹:佐藤流司

文芸部員部長で一也の友達。

成瀬秋乃:杏花

文芸部員の後輩。

一也の小説のファン。

千谷雛子:莉子

一也の妹で不動詩凪の大ファン。

心臓に病気を患っている。

野中:坂口涼太郎

一也のデビュー作の担当編集者。

千谷昌也:片岡愛之助

一也の父で小説家だったが、心臓病で他界している。

千谷優理子:和久井映見

一也の母。

女手一つで子供を育てている。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

千谷一也は小説家の父を持ち、自身も小説を書いてデビューを果たしていた。

しかし、SNSの誹謗中傷に心をやられてしまい、なかなか書けずに苦しんでいた。

自分を見失い、父と同じ売れない小説家となっている一也。

出典:映画.com

そんな一也は同じクラスで、小余綾詩凪と出会う。

彼女は、不動詩凪のペンネームで活動していた売れっ子小説家だった。

出典:映画.com

同じクラスにかたや売れない底辺作家と売れっ子の人気作家。

全てが真逆の二人にある時、担当編集者からミッションが言い渡される。

それは、二人で一つの作品を作る共作だった。

二人で協力して、大ベストセラーを生み出すことを与えられた一也と詩凪。

出典:映画.com

二人の高校生作家が組んで出版することは確実に売れると言われる。

しかし、二人の相性は最悪だったのだ。

繊細で大人しい一也と活発で気の強い詩凪。

詩凪がプロットを描き、一也が文章にする。

二人は反発し合いながらも、作品を仕上げていく。

出典:映画.com

共作を進めていく中で、二人の距離が縮まっていく。

そして、書けなかった自分に別れを告げて、もう一度自分の作品を書こうと思う一也。

そして、自身のデビュー作の続編を書き上げ、詩凪も褒めてくれた。

出典:映画.com

一也は続編を出版社へ持ち込み、担当からも高評価を受けた。

前に進み始めた一也。

しかし、続編は通らずに出版されることはなかった。

再び、絶望に陥ってしまう一也はもう小説が書けないと詩凪に伝える。

文芸部の仲間からも心配される一也。

そんな時に、一也の目の前で詩凪が倒れてしまう。

詩凪にはある秘密があったのだ。

果たして二人は小説の神様に会うことが出来るのだろうか。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

6点です。

最初の30分くらい白黒の映像で進んでいき、一也が共作に取り組んでから世界に色がついていく演出は良かった。

SNSで傷ついてしまい、人生に活路を見いだせないことはよくあると思う。

そして、平気で人を傷つけられる時代になったのだということを痛感した。

夢を追いかける事と現実を生きていくことは難しいことなんだと思う。

それぞれのキャラクターにスポットを当てて進んでいく流れは観やすかったですね。

物語の内容はそれほど珍しいものではないけど。

最後も一緒に作っていた作品がどうなったのかがわからないまま終わってしまった。

あと、挿入歌が入りすぎな感じがしてしまった。

心の表現に音楽を使用したのだと思うけど、ずっと音楽が流れている感じになってしまっている。

しかし、橋本環奈さんはやっぱり可愛い(笑)

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

橋本環奈さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「小説の神様 君としか描けない物語」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします