「g@me」のあらすじや感想、評価とレビュー

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、 狂言誘拐から様々な出来事に巻き込まれていく二人の作品。

「g@me」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

作品情報の紹介

「ゲームの名は誘拐」という東野圭吾の長編小説が原作。

2003年11月8日に「g@me」の名で劇場公開された。

監督は井坂聡。

主演は、藤木直人仲間由紀恵

出演者の紹介

佐久間俊介:藤木直人

広告代理店「サイバープラン」の敏腕広告クリエイター。

自分に絶対的な自信を持っている。

葛城樹理:仲間由紀恵

葛城勝俊の長女だが、愛人との間に生まれた子。

佐久間と共に、狂言誘拐を実行する。

葛城勝俊:石橋凌

「日星自動車」の副社長で、実力は佐久間を上回る。

あらすじの紹介

サイバープランの敏腕クリエイター佐久間は誰よりも仕事ができる自分に絶対的自信を持っていた。

自身がリーダーとして手掛けてきた日星自動車のイベントが、副社長・葛城勝俊の一声でつぶされてしまう。

失意と屈辱感を味わった佐久間は、葛城邸に足を運んでいた。

葛城邸に着いた時、一人の女性が家から飛び出てくるのを目にする。

彼女の名前は、葛城樹理。葛城家の長女だという。

そして、自分は愛人の子で家庭内で不遇の扱いを受けていることで、父を見返してやりたいと佐久間に自分を誘拐してみないかと持ち掛ける。

佐久間も葛城に一矢報いたい気持ちがあったことで、協力することになる。

身代金3億円を要求し、計画を進めていく佐久間と樹理。

様々な策略を張り巡らせる佐久間は、ついに3億円を手に入れる。

計画を進めていく内に、お互い、気になる存在となっていた二人。

しかし、狂言誘拐という性質から、もう会わないようにしようと別れを選ぶ佐久間。

その後、社内でTVを見ると、そこには、衝撃の事実が報道されていた…

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

どんでん返し系の映画として代表作とされるもがわかるくらい、騙してくれました。

東野圭吾作品に外れはないですね。

今から17年前の作品。藤木直人さん仲間由紀恵さんが全盛期の時かな。

石橋凌さんは本当に重役が似合う俳優さんですね。

二転三転する展開が面白く、2時間があっという間に感じる作品です。

過去の作品を見ると、その時代のテクノロジーを振り返れて面白いですね。

ガラケー時代は、こんな感じで計画を立ててたのかーという部分が面白かったです。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「g@me」

興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします