「見えない目撃者」の吉岡里帆がカッコいい!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで、邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、事故で視力を失った元警察官が視力以外の感覚を使って誘拐犯を追いかける物語

「見えない目撃者」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

2019年9月20日に劇場公開。

2011年の韓国映画「ブラインド」のリメイク。

吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。

監督は「重力ピエロ」「リトル・フォレスト」の森淳一。

出典:映画.com

出演者の紹介

浜中なつめ:吉岡里帆

警察学校卒業式の日に弟を連れた車で交通事故を起こしてしまう。

本人もその事故で視力を失い盲導犬を連れている。

偶然接触事故を起こした車から助けを求める少女の声に気づいて警察に証言するが…

国崎春馬:高杉真宙

スケボーに打ち込む将来を全く考えていない男子高校生。

なつめが目撃した怪しい車と接触事故を起こす。

吉野直樹:大倉孝二

長者町警察署捜査一課・強行犯係の刑事。

なつめの証言を取り合わなかったが…

木村友一:田口トモロヲ

長者町警察署捜査一課・強行犯係の定年が近い刑事。

定年後にすることを探している。

高橋修作:酒向芳

長者町警察署捜査一課・強行犯係の刑事で吉野と木村の上司。

日下部翔:浅香航大

長者町警察署生活安全課の刑事。

新井文則:中野剛

春馬を轢き殺そうとした車の所有者。

過去に逮捕歴はある。

平山隆:國村隼

定年退職した元刑事。

15年前に起きた同様の連続誘拐殺人事件を担当していた。

少女誘拐事件の真犯人を暴く重大な情報を提供する。

横山司:渡辺大知

名簿屋。誘拐された少女の身元解明のヒントをもたらす。

桐野圭一:栁俊太郎

風俗店のスカウトマン。

容疑者の一人ではあるが…

浜中満代:松田美由紀

なつめの母。

なつめがこの事件に関わることに猛烈に反対した。

浜中大樹:松大航也

なつめの弟。

なつめが視力を失った事故で死亡。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

浜中なつみは警察官として将来を有望視されていた。

しかし、卒業式の帰りに街でたむろっていた弟を連れて、車で帰っている最中に、事故にあってしまう。

車内で弟がアクセサリーを落としてしまい、拾おうとしていた。

目を離したすきに、トラックに衝突しそうになり、避けたが縁石にしまい、横転する。

浜中なつめは、車から引きづり出されたが、弟はまだ車の中。

連れ戻そうとするなつめだが、視界が黒く染まっていく…

そして、炎上する弟が閉じ込められている車。

それから3年の月日が流れる。

なつめは盲導犬の「パル」を相棒に、失意の中で生きていた。

そんなある日の夜、車の接触事故に遭遇する。

なつめは慌てて立ち去る車の中から助けを呼ぶ声を耳にする。

警察は盲目の彼女の証言をいまひとつ聞いてくれない。

やがて、捜査が打ち切られるが、持ち前の判断力と、研ぎ澄まされた視覚以外の感覚をフルに活用し、誘拐事件だと確信する。

スケボーで車と接触した高校生の春馬を探し出して、協力を求めて、独自調査を始める…

出典:映画.com

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

7点です。

視覚障害者の主人公が、人救う信念を貫き通す物語だと思います。

警察官になって多くの人を救いたかったが、それが構わなくなったけど、目の前の人くらいは救いたいと思う一人の女性の話ですね。

吉岡里帆さんの目が見えていない演技が光る作品。

見えない敵との闘いは恐くもあるが、自分よりももっと恐い状況になっている被害者の事を考えて、勇気を振り絞って前に進む。

最初は、面倒ごとに関わりたくなかった高杉真宙さん演じる春馬も徐々になつめの力になっていく。

犯人が最後の方までわからなくて進んでいく演出はサスペンス的にとても良かった。

冒頭の車の事故がなければ、この物語は進みませんでしたが、よそ見運転はいけない。ってこと。

一寸先は闇。の言葉の通り、人生においてこの先何が起きるかはわからない怖さを知った。

正直、犯人のところに乗り込むのに警察官一人と高校生、視覚障害者では頼りなさすぎるでしょう。

地下鉄も人がいなさ過ぎて、どんだけ寂れた町なんだ。と思ってしまう。

しかし、それは映画の世界。おいおい、それは無謀だろ。って思っても飲み込めるようにしましょう(笑)

良かった点は、ティアベルで失い、ティアベルで救われた。

きっと、弟が姉を守っていたんだと思う。ここの演出が感動しました。

吉岡里帆さんの演技がなんといっても目を引く作品。

國村隼さんがてくるとどうしても怪しくなってします(笑)

生きる。という大きな力をもらえた気がする。

悲しい過去を抱え葛藤しながらも、立ちはだかる障害や迫りくる危険と果敢に闘うその姿がまだ心に残っています。

劇中では、グロい部類に入る演出が多数出てきます。そういうのが嫌な人にはおススメできない作品ですね。

何かの強い信念を持っている人って、行動が真っすぐで強固な意志を感じられる。

映画を観るときは、自分がこの物語の主人公ならどうするかっていうことをいつも考えて観ています。

そのギャップが今後の自分の糧になると信じて。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「見えない目撃者」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします