「映像研には手を出すな!」のあらすじや感想、評価とレビュー

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

さて今回は、「乃木坂46」の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の共演が話題の

「映像研には手を出すな!」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

作品情報の紹介

大童澄瞳の漫画が原作。

2020年9月25日に劇場公開された。

監督は「ぐらんぶる」の英勉。

2021年には「東京リベンジャーズ」が

控えている今大注目の監督さんです。

ちなみに読み方は「はなぶさつとむ」さんです。

「えいべん」さんじゃないですよ!

主演は乃木坂46のエース、齋藤飛鳥。

同じく山下美月と梅澤美波と共に演じる。

他にも多数豪華キャストが勢ぞろいされていますので

そこの部分も楽しみで観られますよ!

出演者の紹介

浅草みどり:齋藤飛鳥

本作品の主人公の一人。

極度の人見知りで常に迷彩ハットを被っているアニメの設定オタク。

出典:映画.com

金森さやか:梅澤美波

本作品の主人公の一人。

映像研の中で唯一の現実主義者でプロデューサー的存在。

マネジメント能力を活かして、利益を生み出していく天才。

出典:映画.com

水崎ツバメ:山下美月

本作品の主人公の一人。

カリスマ読者モデルでありながら、映像研のアニメクリエーター。

両親が有名な俳優で俳優になる為に育てられている。

出典:映画.com

道頓堀透:小西桜子

大・生徒会の生徒会長。

真面目で仕切りは出来るが交渉事は苦手なタイプ。

出典:映画.com

さかき・ソワンデ:グレイス・エマ

大・生徒会の書記。

生徒会のブレーン的存在で会長よりも目立ってします。

出典:映画.com

阿島九:福本莉子

大・生徒会の切り込み隊長。

警備部を仕切り、粛清をしていく。

王俊也:松﨑亮

大・生徒会の会計。温厚な性格。

百目鬼:桜田ひより

唯一の音響部員。

音の標本を代々引き継いでいる。

音に関しては天才的。

出典:映画.com

小野:板垣瑞生

ロボット研究部部長。

100年前から受け継がれているロボットの

「タロース」の改造を続けている。

ロボへの愛情は人一倍ある。

小林:赤楚衛二

ロボ研の部員。

小鳥遊:染野有来

ロボ研の部員。

小豆畑:亀田侑樹

ロボ研の部員。

晴子:浜辺美波

気象研究部部員。

謎の研究がとんでもないことを巻き起こしてしまう?

出典:映画.com

雨男:河津未来

気象研究部部員。

謎の研究がとんでもないことを巻き起こしてしまう?

黒田:鈴之助

水崎ツバメの護衛。

麻笠:出合正幸

水崎ツバメの護衛。

水崎菜穂美:松本若菜

水崎ツバメの母。

水崎葉平:山中聡

水崎ツバメの父。

藤本先生:髙嶋政宏

映像研の顧問。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

芝濱高校映像研究同好会、通称:映像研。

想像力豊かだが極度の人見知り、浅草みどり。

カリスマ読者モデルでアニメーター志望だが

両親にアニメを禁止されている水崎ツバメ。

金儲けに執着し対外的な交渉や資金集めに

力を発揮し、プロデューサーを担う金森さやか。

出典:映画.com

アニメ制作に奮闘するこの3人娘に最大の危機が訪れる。

それが、部活動統廃合令だ。

大・生徒会は増え続ける部活動を減らすべく

あらゆる部活動を統廃合しようと動きだした。

出典:映画.com

この動きをいち早く察知した金森の計画で

映像研はロボット研究部と手を組み

ロボットアニメを制作することになった。

出典:映画.com

音響部の百目鬼も加わり、戦力アップした映像研は

巨大ロボ・タロースと巨大怪獣テッポウガニが激突する

「ロボVSカニ」の制作に突き進んでいく!

出典:映画.com

しかし文化祭前日に大・生徒会の妨害工作に

あってしまうが、かろうじて切り抜けた。

だが、さらに文化祭当日。ツバメの両親が

文化祭に来ることに…

出典:映画.com

このままアニメを上映してしまうと

ツバメがアニメ制作していることが

両親にバレてしまう。

果たして映像研はどんな結末を魅せてくれるのか?

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

6点です。

今作はドラマからの続編という事を

観終わった後に知りました。

冒頭は、何やらダイジェストに進んでいくなー

って思っていて、よくわからなかったのですが

ドラマの総集編的な感じだったんですね。

乃木坂のメンバーの演技は

「スマホを落としただけなのに」の白石麻衣さんと

「あなたの番です」の西野七瀬さんしか見たことがなく

ちょっと不安でしたが、よく演技されていた

印象を受けました。

特にたけぉ的には梅澤美波さんが良かったです。

原作を観ていないから、キャラにどれだけ寄せて

いるのかがわからずでしたが…(汗)

この映画で注目したのは・・・

さかき・ソワンデ役のグレイス・エマさんです。
たけぉ
たけぉ

日本とガーナのハーフでモデルを目指しているとか。

今作もオーディションを勝ち抜いて得た役で

存在感たっぷりの演技を魅せてくれました。

これからに期待したい女優さんですね。

ふりふら3人衆もさすがの演技でしたね。

福本莉子さんのやんちゃな感じも凄くよかったです!

でも、浜辺美波さんを出演すべきではなかったかもですね。

主役の3人が霞んでしまうくらいに美貌なので…

こんなことをいうと乃木坂ファンの方に怒られますね。

乃木坂ファンにとってはとても楽しめる内容だと

思います。齋藤飛鳥さんの可愛らしい演技に

キュン死してしまうこと間違いなしです(笑)

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「映像研には手を出すな!」に

興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします