「重力ピエロ」の紹介と感想

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、遺伝子研究に没頭する兄と

自分をピカソだと思っている弟が事件に

巻き込まれていくおはなし

「重力ピエロをご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味を

もってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

重力ピエロってどんな物語?

伊坂幸太郎による小説が原作

2009年公開の映画です。

2004年のこのミステリーがすごいでは3位を獲得

遺伝子研究をしている兄と

ピカソの生まれ変わりだと

信じている弟の周辺で起きる

不可解な連続放火事件を調べるうちに

二人の過去とつながっていくお話です。

出典:映画.com

出演者の紹介

奥野泉水:加瀬亮

大学で遺伝子学を学んでいる学生。

弟の春とは仲が良く、お互いを助け合ったり

している。真面目で大人しい性格だが

いざという時の行動力はある。

奥野春:岡田将生

泉水の弟。泉水とは違い、見た目がよくモテる。

しかし、恋愛には興味がない。

ピカソの生まれ変わりだと父に言われ

それ以降、信じている。絵が得意。

奥野正志:小日向文世

泉水と春の父親。

ミツバチを育てて、ハチミツを作って生活している

暗い話を明るく話すように心がけている

奥野梨江子:鈴木京香

泉水と春の母親。

元モデルだが、正志と結婚したことで辞める。

二人の子供を一番に考えて行動している。

夏子:吉高由里子

春の高校の時のストーカー。

本名は不明。春の後についてくるから

「夏」子だと泉水がつけた。

山内:岡田義徳

泉水の大学の同級生。

葛城由紀夫:渡部篤郎

過去に罪を犯して少年院に入っていたことがある不審な人物。

スポンサーリンク

あらすじ

遺伝子研究をする兄の泉水

ピカソの生まれ変わりだと信じてる弟の

二人と一緒に幸せな家庭を築いていた父と母には

つらい過去があった。

時が流れ、現在。

仙台市内で謎の連続放火事件が起きる。

事件の調査に乗り出す

事件現場近くには必ず謎の落書き

あることを掴む。

落書きを調べていくうちに、遺伝子

つながりをみせる。

調査が進むと同時に、春をつけまわす

謎の美女と、不審な男が街に帰ってくる…

出典:映画.com

たけぉの評価

たけぉの評価としては5点満点の評価では、

4.5点です。

点数をつけるにあたり、評価した項目は4つです。

【ストーリー】

【演出】

【メッセージ】

【ピエロ度】です。

【ストーリー】は点です。

連続放火事件の犯人は一体誰なのか?

物語の後半まで展開が読めないところが

面白くハラハラさせてもらいました。

【演出】は点です。

2009年と10年以上前の作品ということで

若い頃の加瀬亮さん岡田将生さん

吉高由里子さんが観ることが出来ました。

一番驚いたのは、春の幼少時代のキャストが

北村匠海さんだったということです!

【メッセージ】は点です。

この作品からは、たとえ血が繋がっていなくても

家族は家族だという大切さを感じた。

と同時に、遺伝というものは絶対であるんだな。

とも感じてしまう描写がある。

【ピエロ度】は点です。

ラストのシーンで、「重力ピエロ」の題名の

意味を知ることになる。

楽しい気持ち」というのは「重力」に

打ち勝つから、いつも楽しんで生きてね。

という父の気持ちがあらわれていた。

スポンサーリンク

まとめ

話自体は重く暗い内容だけど

それを感じさせない明るさが兄弟にはある。

渡部篤郎さんの役柄は本当に凄かったです。

憎さを感じさせる犯罪者。

憤りを感じさせる役割を見事に演じてました。

生きる事の大切さや難しさ

考えさせられるそんな作品でした。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「重力ピエロ」に興味を持って頂けると嬉しいです。

目の前のことに集中していこう。ってお話でした!

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします