「サムライマラソン」の紹介と感想

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、日本のマラソンの発祥と

言われる史実「安政遠足」を題材の物語

「サムライマラソンをご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味を

もってもらえたら嬉しい限りです。

サムライマラソンってどんな物語?

2019年2月22日公開の映画。

土橋章宏による長編時代小説を

イギリスロンドンの監督・脚本の

バーナード・ローズで映画化された。

主演は佐藤健

日本のマラソンの発祥」とも称される

史実「安政遠足」を舞台に

さまざまな事情を抱えて走る侍たちの物語。

出典:映画.com

出演者の紹介

唐沢甚内:佐藤健

雪姫:小松菜奈

辻村平九郎:森山未來

上杉広之進:染谷将太

植木義邦:青木崇高

隼:木幡竜

福本伊助:若林瑠海

栗田又衛門:竹中直人

福本清:筒井真理子

結衣:門脇麦

志織:阿部純子

みすず:奈緒

藤井:中川大志

ペリー提督:ダニー・ヒューストン

五百鬼祐虎:豊川悦司

板倉勝明:長谷川博己

あらすじ

外の世界の国々の脅威が迫る幕末の世。

物語はペリー来航から始まります。

安中藩主の板倉勝明は自身の藩士たちを

鍛え上げる為に厳しい山道の遠足

開催することにした。

一着の者には何でも望みの褒美がもらえる。

しかし、唐沢甚内の勘違いで幕府への

反逆とみなされてしまう。

五百鬼祐虎は安中藩取り潰しを指示し、

刺客が送り込まれる。

そうとは知らずに、遠足を開始する安中藩。

自身の勘違いで始まってしまった危機を

対処しようと駆け出す唐沢甚内

果たして防げるのだろうか。

出典:映画.com

たけぉの評価

たけぉの評価としては5点満点の評価では、

3.5点です。

点数をつけるにあたり、評価した項目は4つです。

【ストーリー】

【演出】

【メッセージ】

【マラソン度】です。

【ストーリー】は点です。

ちょっと話がよくわからない展開でした…

刺客が送り込まれているのに、なぜ藩の人は

ゴールで賑わっているのか?

【演出】は点です。

この時代の人たちの走り方を忠実に再現していた。

現代の走り方は西洋の走り方なのだと

いうことを初めて知りました。

【メッセージ】は点です。

正直、何を伝えたいのかがよくわからない作品でした。

【マラソン度】は点です。

途中、ズルをしてショートカットしたり

仲間に運んでもらったりとあるあるな

展開は良かった。

しかし、刺客が送りこまれてくる内容は

いらないかなと。

まとめ

マラソン以外のことを省いてしまえばよかったな。と

思ってしまう内容でした。

純粋にマラソンで、あれやこれやとあった方が

面白かったんじゃないかな。

キャストは豪華なだけに残念と言わざるを得ません。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「サムライマラソン」に興味を持って頂けると嬉しいです。

何事にもチャレンジが大切ってお話でした!

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします