「あやしい彼女」の紹介と感想

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで、邦画を中心に観ているたけぉです。

さて今回は、タイムスリップおばあちゃんが2度目の人生を駆け抜ける「あやしい彼女」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

あやしい彼女ってどんな物語?

2016年に劇場公開。

韓国でヒットした「怪しい彼女」を「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。

「謝罪の王様」は絶品作品でしたので、今回も期待できます!

20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こすドタバタストーリー。

誰もが一度は思う気持ち「若返りたい!」を痛快に演出しています。

コメディでありながら、涙を流してしまうシーンもあります。

出演者の紹介

大鳥節子:多部未華子

主人公。瀬山カツが20歳に若返った姿。

瀬山カツ:倍賞美津子

73歳の節子の本来の姿。

瀬山幸恵:小林聡美

カツの娘。ファッション雑誌の編集長。

瀬山翼:北村匠海

幸恵の息子でカツの孫。バンドマン。

中田次郎:志賀廣太郎

カツの幼馴染。カツに想いを寄せる。

相原みどり:金井克子

通称「厚化粧シニア」。次郎に想いを寄せる。

小林拓人:要潤

音楽プロデューサー。

あらすじの紹介

可愛い外見と、透き通るような歌声をもつ20歳の大鳥節子。

その容姿とは裏腹に、超がつくほどの毒舌、誰かれ構わずに罵声を浴びせ、説教までする始末。

しかし、そんな「あやしい彼女」は実は73歳のおばあちゃんだった…。

戦時中に生まれ下町育ちで、女手一つで一人娘を育て上げてきた。

自分の好きなことは一切できずに、我慢して生きてきたカツは、ある時立ち寄った写真館で突然若返るところから物語が加速する。

正体を隠して、自由に生きようとするカツ。大鳥節子に名を変えて自由奔放に人生を再スタートさせる。

そんな時、のど自慢大会に出て、観客を魅了する歌声を披露する。

その歌声が、音楽プロデューサーの耳にとまり…

カツは、二度目の人生で一体何を手に入れるのか…

たけぉの評価

たけぉの評価としては5点満点の評価では、

4.3点です。

点数をつけるにあたり、評価した項目は4つです。

【ストーリー】

【演出】

【メッセージ】

【音楽】です。

【ストーリー】は点です。

人生をもう一度、やり直したいおばあちゃんが奇跡に若返りをみせる。

しかし、実際にやりたいことが見つからない。というところも、あるあるだと思った。

若返りを通して、周りの人たちの本音を聞くことが出来、そして、自分のしたいことを見つめ直すことお出来て、一貫性のあるストーリーだと思う。

【演出】は点です。

多部未華子さんの歌声が、意外と(?)良く、透き通るような声でうまかったなーと思います。

また、内面は73歳のおばあちゃんなので、言葉使いや動きなどとてもうまく表現できていると感じた。

ラストの方で、オリジナル曲「帰り道」という歌を歌うのですが、その中の歌詞で「悲しくてやりきれない」という部分、とても心に響きました。

【メッセージ】は点です。

大人になったら、自分の力だけで生きていっているって思いがちだけど、親がいて、友達がいて支えてくれて守ってくれてたから、今の自分があるんだと。

後悔のない人生を歩んでいくんだよ。って言われた気がしました。

【音楽】は点です。

「Mr.Children」の音楽プロデューサーとしても活動されていた「小林武史」さんが楽曲を手掛けているだけあり、良かったと思います。

ただ、せっかくならもう少し、多部未華子さんにオリジナル曲を盛り込んでも良かったのかなと思ってしまう。

まとめ

内容としては、面白く終始飽きずに観ていられた作品です。

冒頭、意味深なシーンから始まります。何を意味しているのかわからないけど、ラストでつながる演出は好きです。

コメディ路線でありながら、急に感動の場面を放り込んでくる。いきなり涙腺崩壊しました。

最初の倍賞美津子さんの悪知恵でやかましい演技が、多部未華子さんに変わってからの演技をより際立たせていると感じた。

韓国でヒットしたリメイクということでプレッシャーもあったかと思いますが、成功だといえるのではないでしょうか。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「あやしい彼女」に興味を持って頂けると嬉しいです。

もしも、若返れたらあなたは何をしますか?ってお話でした!

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします