「KAPPEI カッペイ」の伊藤英明が面白い!あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が9000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、世界は滅亡…しなかった戦士たちの物語。

「KAPPEI カッペイ」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

「デトロイト・メタルシティ」の若杉公徳のギャグ漫画が原作。

2022年3月18日に劇場公開された。

監督は平野隆、初監督作品である。

主演は「海猿」シリーズや「22年目の告白」の伊藤英明。

その他、上白石萌歌や山本耕史など個性派俳優が多数出演。

予告動画の紹介

出演者の紹介

終末の戦士・勝平:伊藤英明

人類の救世主となるべく、人生の全てを修行に費やした戦士。

獅闘流の使い手。

山瀬ハル:上白石萌歌

天真爛漫な女子大生。

勝平の初恋の相手。

入間啓太:西畑大吾

気弱だけど心優しい大学生。

チンピラに絡まれていたところを勝平に助けられる。

終末の戦士・守:大貫勇輔

勝平とともに修行した仲間。

蛇戦流の使い手。

終末の戦士・正義:山本耕史

勝平とともに修行した仲間

最も習得が困難な馬跳流の使い手。

終末の戦士・英雄:小澤征悦

終末の戦士最強で勝平の兄弟子。

龍咆流の使い手。

師範:古田新太

勝平たちを鍛え上げた師範。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

1999年。ノストラダムスが地球滅亡の予言をした年である。

その来たる終末に立ち向かうべく、幼い頃から厳しい修行を積んだ者たちがいた。

彼ら「終末の戦士」たちは世の理から外れて生きていた。

そのうちの一人、勝平も無戎殺風拳を会得するべく修行していた。

時は流れ、2022年。

特に終末が訪れる様子もなく、突然、師範から「解散」を言い渡されてしまう。

終末の世界を生き抜くためだけに、育てられた戦士たちが平和な世の中に放り出されてしまう。

出典:映画.com

普通の生活を知らない勝平は通行人に不審がられてしまう。

そんな時、チンピラに絡まれている青年を助ける勝平。

そのことがきっかけで、青年・啓太と一緒に花見に行くことに。

大学生の啓太と仲間に囲まれてお酒を飲んでいたが、自分の使命を思い出し、立ち去ろうとする。

その時、遅れてきた女性・山瀬ハルとぶつかってしまい、勝平は知らない感情に悶々としてしまう。

出典:映画.com

なぜか、啓太の家に住み着いた勝平。

修行で「恋愛禁止」を言い渡されていた勝平は、この感情に戸惑う。

ひとまず啓太を守るということ目標にして、山瀬に会うために大学へ行くことに。

そこで、山瀬は誰かと仲良く話していました。

それは山瀬が高校時代から片思いをしていた先輩だったのです。

勝平は先輩に対抗心を燃やす。

その時、勝平と同じ無戎殺風拳を伝授された終末の戦士・守が現れる。

出典:映画.com

守から自分たちが必要とされるために、世界を終末に変えないかと誘われる。

勝平は断り、立ち去ろうとするが山瀬をブス呼ばわりされたことで、二人の対決が始まる。

お互い一撃必殺の拳をもち、牽制し合う。

激しい戦いの結果、勝平が勝利。

しかし、守から無戎殺風拳最強の男・英雄が世界を終末に変えようとしていることを聞く。

勝平は、世界を守り、山瀬ハルとの恋物語に勝つことが出来るのか。

今、終末の戦士の最後の戦いが始まろうとしていた…。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

真剣にふざけていて面白かったです。

某世紀末漫画のオマージュ要素が多くありましたね。

伊藤英明さんの真剣なおふざけが面白くて、よく共演者の人は笑わずにいられるなと思いましたw

そして、新たな発見(といったら失礼)で上白石萌歌さんが可愛かった。

ショートヘアがとても似合ってましたね。

原作を読んでいないですけど、ラストシーンは一緒なんですかね。

あの続きを観てみたいですw

おじさんたちの、真剣なおふざけ演技に注目です!

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

伊藤英明さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「KAPPEI カッペイに興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします