「億男」の佐藤健に憧れてしまう!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで、邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、宝くじが当たったけど、いきなり全て失った男の物語

「億男」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説を映像化した作品。

2018年10月19日に劇場公開された。

監督は大友啓史。主演は佐藤健。

お金とは一体何なのか?その正体は何なのか?

その問題に真正面からぶつかっていくストーリー。

あなたが持っているお金にはどれだけの価値がありますか?

出典:映画.com

出演者の紹介

大倉一男:佐藤健

失踪した兄の借金、3000万円を返済するため昼は図書館の司書、夜はパン工場で夜中まで働く二重生活を送っている。

お金さえあれば、万左子とまどかとまた一緒に暮らせると思っている。

古河九十九:高橋一生

一男の大学時代の親友。

吃音者だが、落語の時は流暢に話すことが出来る。

大学中退して、起業した「バイカム」で大成功を収め、巨万の富を得る。

大倉万左子:黒木華

一男の妻。

お金に対する意識で一男とすれ違い、愛想を尽かし別居している。

現在はまどかとアパートで二人暮らし。

一男に離婚届を渡している。

大倉まどか:菅野真比奈

両親がまた一緒に暮らしてほしいと願う一男と万左子の娘。

商店街を歩いている時に、おばあさんからもらった福引券で運命が変わる。

あきら:池田エライザ

金持ちを「億男」、そうでない人を「雑魚」と分別して、スマホに登録しているパーティ好きな女性。

全てを失った一男に最初の道を示してくれる。

百瀬栄一:北村一輝

元「バイカム」CTO(最高技術責任者)のスーパーエンジニア。

現在は3つの会社を経営する億万長者だが、うまくいっていないという噂がある。

競馬場のVIPルームで一男に競馬の勝負をもちかける。

千住清人:藤原竜也

元「バイカム」CFO(最高財務責任者)。

現在は「夢実現セミナー」を主宰するマネーアドバイザー。

スケジュールが超多忙で移動中でしか一男の相手が出来ない。

「ミリオネアニューワールド」という怪しい集会の教祖もしている。

安田十和子:沢尻エリカ

元「バイカム」広報IR担当。

実質九十九の秘書を務めていた。

恋人との噂もあったようだが…

若くして10億を手に入れるも、今は公営団地にひっそりと住む専業主婦。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

兄が3000万円という多額借金を抱えて失踪してしまう。

その借金の返済に、図書館の司書とパン工場のバイトしながら、追われる毎日の一男。

妻の万左子はそんな夫に愛想がつきてしまい、娘のまどかと一緒に家を出て行ってしまう。

人生に何も希望を見いだせずにいた一男にある日、3億円という宝くじが当選する。

このお金で借金を返して、家族もまた戻ってくると信じて喜ぶ一男。

しかし、ネットで高額当選者の不運な人生の結末を目の当たりにして、不安が押し寄せてくる。

そこで、大学時代の親友で起業して億万長者になっている九十九にアドバイスをもらいに行く。

久々の再会に盛り上がる二人。

九十九が開いたパーティで酔いつぶれる一男。

目が覚めると、そこには九十九はいなかった。

3億円と共に。

一男は九十九を追うため、九十九が起業した「バイカル」の人たちに会いに行く…

その人たちに会うごとに、一男は何を得るのだろうか?

家族も、友達も、お金も失った男が最後に辿り着くのは…

出典:映画.com

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

お金に縛られている主人公が、鍵となる「お金」を手に入れる。

しかし、ここで使いまくるのではなく、どのように使えばいいのか。と一度立ち止まる。

「もうお金で失敗したくないんだ」という悲痛な願いが、どれだけ家族を大切にしているかがわかる。

高橋一生さんの吃音症の演技が上手かった。

私自身も吃音が少しあるので良く、研究されているなと思いました。

北村一輝さん、藤原竜也さんとお金を存分に使う人に会った後に、沢尻エリカさんのお金はあるのに素朴な主婦と会う流れがとても良かった。

ありきたりだけど、お金よりも大切なものがあるという物語。

あんたが持っているお金にはどれだけの価値がありますか?

人によって、お金やモノの価値は大きく変わる。時によっても変わる。

お金の恐さがわかると同時に、理解して使われるのではなく、使えたら不幸にはならない。

主人公がラストで「あのお金を使った最初の買い物です。」というメッセージ。

その手紙を読んで、微笑む万左子に心が泣いてしまいました。

3億円という大金が手に入ると何がしたいですか?

友達同士で一回は、話したことがあるような話題ですよね。

家を買いたい。車を買いたい。美味しいものを食べまくりたい。

でも、それが本当に幸せなのかな?って問い変えてくる作品。

一男と九十九が大学時代にモロッコに旅行に行った時にこと。

一男が倒れてしまい、その時に露店のお皿が割れてしまうシーン。

一男は意識を取り戻し、九十九に「割っちゃったお皿はどうした?」と訊く。

九十九は答える「いや、心配しなくていいよ、払った。」

金額を訊く一男だが、その金額は「34万6千円」

その金額に驚く一男、「言われたまま全部払わなくてもいいでしょ!」と言う。

九十九は「少しでも早く君を病院に連れていきたかったから、あそこで揉めてる場合じゃなかった」と。

そして「早く元気になって旅を楽しもう」と言ってくれるシーン。

これが、お金では買えない大切なモノではないか。と思う。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「億男」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします