「科捜研の女−劇場版−」の沢口靖子が鋭すぎる!あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、世界中で相次ぐ不審死を科捜研が解決に導けるのかという物語。

「科捜研の女−劇場版−」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

テレビ朝日・東映が制作、現在放送中の連続ドラマシリーズでは、最長寿となっている作品。

1999年にseason1がスタートし、現在でseason20まで続いている。

監督はTV版でも監督を努めていた兼崎涼介が担当している。

主演は、初代から通して演じてきた沢口靖子

歴代キャストが総出演で注目を集めている映画である。

予告動画の紹介

出演者の紹介

榊マリコ:沢口靖子

京都府警科学捜査研究所(=科捜研)の法医担当。

並外れた科学的考察力で数々の難事件を解決してきた。

土門薫:内藤剛志

京都府警・捜査一課に所属する現場たたき上げの刑事。

強行した捜査が、思わぬ展開を引き起こしてしまう。

風丘早月:若村麻由美

洛北医科大学の法医学教授、解剖医。

宇佐見裕也:風間トオル

科捜研の化学担当。

藤倉甚一:金田明夫

京都府警刑事部長。

日野和正:斉藤暁

科捜研の所長。

佐伯志信:西田健

京都府警本部長。

橋口呂太:渡部秀

科捜研では音声や凶器などの鑑定を行う物理担当。

湧田亜美:山本ひかる

科捜研では防犯カメラ映像などの解析を行う映像データ担当。

蒲浦勇樹:石井一彰

京都府警・捜査一課の刑事で、土門のバディ。

加賀野亘:佐々木蔵之介

帝政大学の微生物学教授。

通称「ダイエット菌」と呼ばれる腸内細菌を発見した。

秦美穂子:佐津川愛美

洛北医科大学ウイルス学研究室の助教。

倉橋拓也:渡辺いっけい

マリコの元夫。

かつて京都府警の刑事部長だったが、現職は警察庁の刑事指導連絡室長。

榊伊知郎:小野武彦

マリコの父親。

前・科捜研所長兼化学研究員であり、現職は科学鑑定監察所の監察官。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

科捜研(科学捜査研究所)とは…

科学を駆使して数々の難事件を解決する警察組織最強のスペシャリスト集団である。

その科捜研に属する榊マリコは、重度の科学捜査オタクである。

さらには真実解明のためにはなりふり構わず突っ走る性格の捜査官である。

ある日、洛北医科大学で女性教授が屋上から転落し、死亡してしまう事故が発生する。

洛北医科大学の法医学教授の風丘早月は、女性教授の石川が飛び降りる直前、「助けて」という声を耳にしていた。

現場に駆けつける科捜研の面々は現場検証を始める。

しかし、争った形跡がなく、屋上には石川一人しかいなかったことなどから事件性はないと進められる。

風丘はマリコに助けてという声をしっかりと聞いたと伝える。

死亡解剖を行うも、取り立てて怪しいと思われる箇所はなかったが、死の直前にとある電話を受けていたことのみが唯一怪しい点だった。

しかし、誰からの電話は解析してもわからずじまいだった。

出典:映画.com

そんな中、京都府警捜査一課の土門薫刑事の捜査中にまた一人、転落事故が起きてしまう。

こちらもまた、死の直前に「助けて」と口にしているのだった。

だが、石川と同様に事件性が認めれずに事故として処理されてしまう。

死亡した男・斉藤は京都医科歯科大の准教授で石川と同じ電話を受けていた。

唯一の手がかりを追うマリコと土門。

出典:映画.com

捜査が進むにつれて、斉藤がとある人物に会いに行っていたことが判明する。

東京の帝政大学で微生物の研究をしている加賀野教授という人物だった。

土門は加賀野に話を聞きに行き、そこで「ダイエット菌」という世紀の研究をしていることを知る。

その頃、科捜研では死亡した人物の遺留品の分析をしていた。

手がかりになるかどうかわからない確信の持てないデータに翻弄されるマリコたち。

しかし、死亡した二人には共通点として、細菌に関わる研究をしていたことがわかった。

マリコは、加賀野教授が怪しいと睨むが、繋がる道が全く見つからずにいた。

出典:映画.com

そんな中、世界中で不自然な転落事故が相次いで発生する。

マリコはカナダ科学捜査センターの相馬に協力を求め、大掛かりな捜査を始めていく。

しかし、土門の加賀野への強硬な捜査が災いしてしまい、京都府警はマスコミを通じて不当捜査について追求されてしまう。

果たしてマリコたち科捜研は、世界規模のこの史上最悪事件を解決に導けるのか…

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

TV版を観ていなくても、十分に楽しめる内容でした。

科捜研の捜査ってこんな感じで進んでいるんだ−って思いながら観れますね。

そして、なんかかっこいいと思ってしまうw

沢口靖子さん、とても綺麗ですね。

今まで名前は知っていたけど、あまり見る機会がなかったなー。

この映画をきっかけにドラマも観てみようと思いました。

ドラマを観ている人は人物相関図などを知っているので、もっと楽しめるんだろうなと。

20年以上も続いている作品ってすごいですよね。

他には、相棒か水戸黄門しか知らない…(・_・;)

全く映画の感想になってないですけど、ミステリーとしては楽しめる作品担っていると思いますよ。

スポンサーリンク

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「科捜研の女−劇場版−に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします