「サクラダリセット 前篇」のあらすじや感想、評価とレビュー

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、特殊能力者が集まる街・咲良田市で巻き起こる事件の物語。

「サクラダリセット 前篇」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

河野裕のライトノベルが原作。

角川スニーカー文庫より2009年6月から2012年4月まで全7巻が刊行されている。

2017年3月25日に劇場公開された。

後篇は2017年5月13日に劇場公開されている。

監督は「ドクターデスの遺産-BLACK FILE-」の深川栄作。

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

主演は、「ちはやふる」シリーズの野村周平

予告動画の紹介

出演者の紹介

浅井ケイ:野村周平

能力は「記憶保持」で、見聞きしたことを完全に思い出すことが出来る。

時空を超えても、その能力は活かされている。

能力に関係なく、頭の回転が良い。

春埼美空:黒島結菜

能力は「リセット」で、擬似的に世界を最大3日分巻き戻す。

使用後、24時間は使用できない制限がある。

ケイの指示がなければ、発動できない。

相麻菫:平祐奈

中学時代に、ケイが春埼とリセットしたことで、改変された世界で死んでしまう。

リセットの制限から生きていた時に戻れずに帰らぬ人となってしまう。

中野智樹:伊藤健太郎

能力は「声を特定の人物に届ける」で、時間と場所を越えて届けることが出来る。

ケイの友人で数少ない理解者。

村瀬陽香:玉城ティナ

能力は「触れた対象を消す」で、自分の身体の任意の部位と効果対象を指定し、そこに触れた対象を消すことができる。

「リセット」などの他の能力も消すことが出来る。

岡絵里:恒松祐里

能力は「記憶操作」で、5秒以上目を合わせることによって発動する。

春埼の「リセット」を奪ってしまう。

ケイの事を慕っていたが、ある事から敵対視することになる。

坂上央介:岩井拳士朗

能力は「コピー」で、右手で触った人の能力を左手で触った人にコピーすることが出来る。

津島信太郎:吉沢悠

芦原橋高校の教師で管理局の人間でもある。

ケイたち奉仕クラブを管理している。

加賀谷:丸山智己

管理局の人間で能力は「対象をロックする」

佐々野:大石吾朗

能力は、自分が能力によって撮った写真を、撮った場所で破ることによって写真の中に入ることができる。

能力を奪われてしまい、ケイに取り戻してもらうように依頼する。

魔女:加賀まりこ

管理局の頂点に近い立場にいる高齢の女性。

能力は「未来視」で極めて正確に未来をシミュレーションする能力であるとされている。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

特殊な能力を持つ人々が多数占める街・咲良田市。

街を出ると能力は使えなくなるが、その力は「管理局」により慎重に、厳しく管理されていた。

ある日の朝、高校生がトラックにはねられて重傷を負う事故が発生する。

はねられた女子高生と同じ高校に通う浅井ケイと春埼美空は「リセットしよう」とこそこそ話をする。

そして、春埼が「リセット」とつぶやくと同時に、世界が巻き戻っていく。

2日前にセーブした時点に戻ってきた世界。

ケイは「記憶保持」・春埼は「リセット」の特殊能力者だった。

時間が巻き戻ったことでケイ以外の人物の記憶は2日前に戻ってしまう。

ケイだけが、リセット前の記憶を保持しているのだ。

出典:映画.com

ケイと春埼は管理局の下部組織の「奉仕クラブ」に所蔵していた。

「もう誰も失いたくない」とつぶやくケイ。

友人の中野智樹の能力を借り、女子高生ははねられることはなく助かる。

奉仕クラブの活動は、顧問の津島先生がもってくる依頼をこなすこと。

そして、佐々野という老人の能力が何者かに奪われてしまい、それを取り返すと依頼を受ける。

ケイと春埼は佐々野に会いに行き、事情を聞くことに。

赤いコンタクトをした少女と目を合わせたことで、能力を奪われてしまったことがわかる。

その翌日、津島からとある人物がケイと美空に会いたがっているという話を聞く。

詳細な内容を聞かされないまま、管理局の指定された場所へ向かう。

別々にさせられるケイと春埼。

ケイは多くの本が並ぶ部屋で、魔女を呼ばれる女性と出会う。

その女性は、ケイが咲良田市に来た時に手引きしてくれた人だった。

未来視の能力をもつ魔女は「10日後に私は死ぬ」とケイに伝える。

春埼も別室で魔女と出会い、ケイのことが好きかと聞かれ、はい。と答える。

建物から解放された二人だが、入り口でケイを待っていたのはかつて慕っていた後輩・岡絵里だった。

岡絵里が佐々野から能力を奪った本人だった。

そのタイミングで春埼も建物から出てきてしまい、ケイが声をかけよう。

しかし、「物質崩壊」の能力をもつ村瀬陽香に阻まれてしまう。

「リセット」の能力を奪われてしまう春埼。

出典:映画.com

ケイは「コピー」の能力を持つ同級生・坂上に自分の記憶から春埼の能力を戻せないかを協力をしてもらう。

しかし、春埼は「リセットのやり方がわからない」と失敗に終わってしまう。

岡と村瀬からは、能力を返してほしければ、魔女のいる場所の見取り図を書けと言われる。

言うとおりにするケイだが、ある疑問を抱き始める。

ケイは、以前に亡くしてしまった同級生を生き返らせるという想いを抱えていた。

今回の一連の騒動である仮設を立てていたのだ。

出典:映画.com

その仮説がひとつの真実に辿り着いた時、ついにケイが動き出す。

しかし、その結末には衝撃の事実が待っていたのだ。

サクラダリセット後篇↓

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

7点です。

特殊能力者たちが出てくる物語にしては、終始ローテンポな展開が続きます。

原作を未読の場合はなかなかついていけない部分もあるかもしれません。

なぜ、浅井ケイが咲良田市に来たのか。

咲良田市にはなぜ能力者が生まれるのか。

などなどは疑問のままです。後篇で解決するのかな?

しかし、能力の合わせ技で状況を打破していく部分は面白いですね。

リセットしたあとも、記憶が残っているのは優位でしかないけど、それすらも未来視によってわかってしまっていた。

どの作品でも、「時」に関わる能力は絶大ですね(笑)

前篇はとてもいいところで終わっているので、すぐに後篇を観たいと思ってしまいますね。

伊藤健太郎さんが「健太郎」名義でしたね。

黒島結菜さんも「SPECサーガ」で好きになりました。特殊能力を使う役がハマリ役なのかな(笑)

平祐奈さんはこのあたりから売れ始めたのかな?

もっと前からだよ!って言う方、すみません…(;´・ω・)

さて、後篇を見てこよーかなーw

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

野村周平さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

平祐奈さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

黒島結菜さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

伊藤健太郎さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで、邦画を中心に観ている...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「サクラダリセット 前篇」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします