「弱虫ペダル」の永瀬廉さんが似ている!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、アニメオタクの主人公が自転車競技に魅了されて、仲間たちと全国を目指す物語。

「弱虫ペダル」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味を、もってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

少年チャンピオンの漫画が原作。

渡辺航さんの現在連載中作品。

コミックス累計発行部数は2500万部を超え、アニメや舞台でも展開されている。

2020年8月14日に全国一斉公開された。

主演は、永瀬廉さん

監督は「旅猫リポート」の三木康一郎さん。

運動苦手でアニメオタクな小野田坂道は、アニ研に入ろうとワクワクしていたが部員不足で休部しており、自転車競技部の今泉俊輔に誘われ、入部することに。

自転車を通じて、仲間と触れ合うことの、楽しさを知った坂道のレースが今始まる。

出典:映画.com

出演者の紹介

小野田坂道:永瀬廉 

千葉県立総北高校1年。

メガネがトレードマークのアニメオタク。

クライマーとしての素質がある。

口癖はアニメ「ラブ☆ヒメ」のOP曲。

今泉俊輔:伊藤健太郎

千葉県立総北高校1年。

中学時代に圧倒的な敵に負けた過去がある。

実力は十分だが、勝負に対する熱意が足りていない。

坂道を自転車競技部へ誘う。

鳴子章吉:坂東龍汰

千葉県立総北高校1年。

関西から強豪の総北高校へ転校してきた関西人。

スプリンターで誰よりも負けん気がある。

金城真護:竜星涼

千葉県立総北高校3年。

総北の絶対的エース。

総北は全員で助け合うチームだと鼓舞する。

巻島裕介:栁俊太郎

千葉県立総北高校3年。

クライマーで同じタイプの坂道を気に掛ける。

「~ッショ」が口癖。

田所迅:菅原健

千葉県立総北高校3年。

暴走肉弾頭の異名をもつスプリンター。

杉元照文:井上瑞稀

千葉県立総北高校1年。

中学からロードレーサーをしている経験者。

寒咲幸司:皆川猿時

総北自転車競技部のOBで幹の兄。

寒咲自転車店で働き、部員をサポートしている。

寒咲幹:橋本環奈

今泉俊輔の幼馴染で部のマネージャー。

ロードバイクのメンテナンスをしてくれる。

スポンサーリンク

あらすじ

運動が苦手でアニメオタクな小野田坂道。

高校に入るとアニメ研究部に入り、高校生活を満喫しようと楽しみにしていた。

しかし、アニ研は部員不足の為、休部状態。

顧問に頼み込むと5名部員がいれば再開すると約束をしてもらい、部員集めをする坂道。

その活動の中、総北自転車競技部1年の今泉俊輔が自転車の勝負を持ち掛けてくる。

今泉は入学の時、自身でも辛い急勾配の登坂を、ママチャリで駆け抜けていく坂道に興味をもっていたのだ。

運動が苦手な坂道だが、勝てばアニ研に入ってくれるという今泉の勝負をうけることに。

勝負の途中、自転車で駆けることに楽しさを感じた坂道。

もう一人の1年生、鳴子章吉を加えて、自転車競技部に入部することになる。

そこは、全国区の実力者たちの集る場所だった。

今、坂道のロードレースが始まる!

出典:映画.com

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

7点です。

弱虫ペダルを映画化する上で一番の壁はやはり「尺の長さ」だと思います。

見どころの県大会までいくのにどうしても時間がかかってしまいます。

主人公の坂道役の永瀬廉さんは良く出来ていたと思いますね。特に声やセリフは良かった。

しかし、レースの「スピード感」がどうしても原作より見劣りしてしまう点が残念でした。

橋本環奈さんはどの役をしても似合っているなーと感じてしまう程可愛かったです。

出典:映画.com

総北自転車競技部は個々の力ではなくみんなで助け合い、全員でゴールするという想いを持って走っている。

誰にも負けなくない鳴子は、チームの為に自分を殺して、皆の体力を温存させる。

誰かの役に立ちたいと願っていた坂道はエースを勝負の場まで運ぶ。

体力に難がある今泉は、みんなの想いを胸に最後の勝負にでる。

弱虫ペダルの一番の肝はやはりレースですが、総北全員でかかっても敵わないような敵が今回は弱かったと思います。

原作でいう御堂筋くんみたいな圧倒的感がほしかったですね。

原作を知っている人から見ると物足りなさを感じてしまうと思います。

人ぞれぞれですが、原作ファンの私はこの作品の魅力は、キャラそれぞれにある人間関係にあると思っています。

今泉と御堂筋の過去があるから、インターハイのラストの対決がより際立ってくる。

巻島と東堂の過去を知っていると、クライマーとしての一騎打ちに至るまでの物語が心に刺さってしまう。

そういった背景があるからこそ、熱くなれるものがあるのだけど、映画では尺の問題でそういったところが描かれないのが悔しい。

そうはいっても、難しいと思っていた自転車レースをよく再現できたと思います。

続編に期待したいです。流れ的にはインターハイですからね。

それこそ、3部作くらいでしてくれたら面白いと思います。

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

伊藤健太郎さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで、邦画を中心に観ている...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

橋本環奈さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「弱虫ペダル」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします