「何者」の紹介と感想

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、就職活動に苦悩しながら

自分が何者かを模索していく物語。

「何者」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味を

もってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

何者ってどんな物語?

朝井リョウの小説が原作。

2016年10月15日に映画公開された。

監督・脚本は三浦大輔。主演は佐藤健。

SNSが流行している今の世の中で

ネットと現実を行き来する若者たちの

苦労を描きつつも、各々の道を

選び、歩んでいかなければいけない現実を

表現している。

出典:映画.com

出演者の紹介

二宮拓人:佐藤健

主人公。

学生サークルで演劇の脚本を作っていたが

就職活動を機にやめる。

観察能力が高く、様々なことを分析するのが得意。

瑞月に片思いしている。

神谷光太郎:菅田将暉

拓人の友人でルームシェアをしている。

学生時代はバンド活動に注力していた。

性格は明るく、コミュニケーション能力が高い。

田名部瑞月:有村架純

理香の友人。

光太郎に片思いしており、一度告白して振られている。

アメリカでインターンシップを経験。

5人の会話の中では聞き役に回ることが多い。

小早川理香:二階堂ふみ

拓人の上の階に住む瑞月の友人。

就職活動に対する意識が高く、様々な準備に余念がない。

毎日のできごとを前向きな言葉での

ツイートを習慣として行う。

宮本隆良:岡田将生

理香の恋人。付き合って3か月で同棲している。

会社の属することに批判的であり

就職活動をしないと言っていた。

しかし、4人に隠れて就職活動するようになる。

サワ先輩:山田孝之

拓人の先輩。

スポンサーリンク

あらすじ

演劇サークルで脚本を書き、人を分析することが得意な拓人。

何も考えていないようで、着実に内定に向かっている光太郎。

拓人がずっと前から片思いをしている実直な性格の瑞月。

意識高い系だが、なかなか結果の出ない瑞月の友人の理香。

会社に入って何の得があるの?と就活否定の理香の恋人の隆良。

出典:映画.com

理香の部屋を「就職活動対策本部」として集まる5人。

それぞれの思い思いが複雑に交錯し、徐々に

人間関係が乱れていく中で

私、内定もらった…

やがて「裏切り者」が現れた時、これまで

抑えていた拓人の本音が爆発してしまう。

人の価値は誰が一番なのか。

自分は一体「何者」なのか…

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては5点満点の評価では、

4.5点です。

点数をつけるにあたり、評価した項目は4つです。

【ストーリー】

【演出】

【メッセージ】

【何者度】です。

【ストーリー】は点です。

拓人の気持ちに共感できる方が多いのではないでしょうか。

自分を守るために、他人を攻撃してしまう。

そうすることでしか、生きていけない。

【演出】は点です。

キャストが豪華という事もあるが

それぞれの役に共感できる部分が多い。

就職活動の内面をうまく描いている。

【メッセージ】は点です。

個性が失われつつある中で

何が大切かを訴えている作品だと感じた。

【何者度】は点です。

自分が何者なのかは、自分一人ではわからない。

誰かがいてくれるから自分という価値が生まれる。

そんなことを教えてくれた作品。

出典:映画.com

まとめ

生きるために就活をしなければいけない。

人生の理想を追求するために就活をする。

自分の能力を就活にどう活かせばいいかわからない。

就活に意味なんかないと言いながらも会場に走ってしまう。

そんな彼らを冷静に分析することしかしない主人公。

自分が「何者」なのかを苦悩している様が印象的だ。

家庭の事情、周囲の環境等が混ざり合って生きていく

今の社会では何が正解で何が誤りかが見えにくい。

この5人を見て、考えさせられる部分が多くあった。

今の人生に悩みがある人は一度観てほしいと思います。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「何者」に興味を持って頂けると嬉しいです。

自分の価値は自分で決めるもんじゃないってお話でした!

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします