「七つの会議」の野村萬斎の演技に惹きこまれる!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、中堅電機メーカーで起きた不祥事を暴いていく物語。

「七つの会議」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

池井戸潤の小説が原作。

2013年に東山紀之主演でテレビドラマ化している。

2019年2月1日に劇場公開された。

監督は「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄。

主演は野村萬斎。

予告動画の紹介

出演者の紹介

八角民夫:野村萬斎

営業一課の万年係長。

通称、居眠り八角と呼ばれている。

昔はエリート営業マンだったが、とある時期からぐうたらし始めている

北川誠:香川照之

結果が全ての鬼の営業部長で、八角とは同期。

原島万二:及川光博

営業二課の課長。

成績が良くなく、北川に怒られ続けている。

坂戸宣彦:片岡愛之助

営業一課のエリート課長。

しかし、とある事件で人事部に左遷されてしまう。

新田雄介:藤森慎吾

経理部課長代理。

営業部の粗探しに執念を燃やしている。

浜本優衣:朝倉あき

営業四課の社員。

寿退社を控えているが、何やら問題がある。

佐野健一郎:岡田浩暉

カスタマー室室長。

元々、営業次長だったが、北川に蹴落とされ恨んでいる。

河上省造:緋田康人

人事部長。

前川:赤井英和

高崎工場副工場長。

加茂田久司:勝村政信

経理部課長。

村西京助:世良公則

ゼノックスから出向した外様の役員で副社長。

梨田とは同期で出世争いをしていた。

宮野和広:橋爪功

東京健電の社長。

田部:木下ほうか

ゼノックスの副社長。

梨田元就:鹿賀丈史

ゼノックスの常務取締役。

過去に八角と北川の上司でもあった。

徳山郁夫:北大路欣也

ゼノックスの社長。

絶対的権力者で徳山の出席する会議は「御前会議」と言われている。

三沢逸郎:音尾琢真

ねじ六の社長。

三沢奈々子:土屋太鳳

逸郎の娘。

八角淑子:吉田羊

八角の元妻。

江木恒彦:立川談春

トーメイテック社長。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

東京建電に勤めている営業二課の課長・原島万二が緊張で震えが止まらなかった。

今まさに、定例会議が行われようとしていたのだ。

そこには「鬼」と呼ばれる部長の北川がやってくる。

出典:映画.com

成績の悪い二課は案の定、執拗に北川に責められてしまう。

売って売って売りまくれという結果第一主義の北川。

そんな北川の期待に応え続けている営業一課の坂戸は、今日も褒められていた。

そんな中、華の営業一課に居眠り八角の異名を持つぐうたら社員がいた。

出典:映画.com

そんなぐうたらぶりを会議で見せるも、北川からお咎めなしだった。

坂戸は、そんな八角の態度や仕事への取組みが気に入らなかった。

ある日、有給休暇を申請してきた八角に対して、暴言を吐き、申請書を破り捨てた。

出典:映画.com

八角は、坂戸に対して「パワハラで訴えてやる」と告げる。

八角をバカにしていた坂戸だったが、その件が問題になり、人事部へと飛ばされてしまう。

営業部のエースをパワハラごときで、飛ばすなんてと思う原島に、北川から一課の課長になれと告げられる。

そして、一課長となった会議では、成績を落としてまたも激昂されてしまう。

出典:映画.com

しかし、この時一瞬、不穏な空気が流れる。

営業社員の浜本は、坂戸の左遷に疑問を抱き、原島とともに調べることになる。

浜本は寿退社が決まっていたが、会社に何かを残したいと思い、無人ドーナツ販売の企画をすすめていた。

だが、営業部のことが嫌いな経理部の手によって、なかなか企画が進まなかった。

出典:映画.com

一方、原島は八角の過去を洗っていた。

エリート営業マンだったが、ある時を境に成績が著しく低くなっていることに気づく。

そんな時、経理の新田が八角の怪しい領収証を見つける。

「ねじ六」という会社との接待費が異常に高いという事だ。

調べていくと、坂戸の時に契約していた「トーメイテック」社よりもコストが高い「ねじ六」に八角が変えているのだ。

出典:映画.com

癒着があると思った経理部は、定例会議に議題として提出し、八角を陥れようとする。

しかし、会議では取り合ってもらえずに、経理部は失墜することになる。

他にもカスタマー室室長の佐野もまた、営業部に返り咲きたいという気持ちでねじ六を追っていた。

しかし、佐野も突如として地方に左遷されてしまう。

八角に関わると左遷されてしまうと原島は思い始める。

もう関わるのはよそうと浜本に話すが、浜本は辞めることが決まっているから調べますと言う。

もう一度、不審な点を考え始めた二人は、会議でのある不自然さに辿り着く。

原島が椅子を壊してしまった時、周りは笑っていたが、八角と北川だけは笑っていなかったのだ。

むしろ、にらみ合っていたのだ。

真相に向かい始めた二人だが、そこに八角が現れてしまう。

果たして東京建電は何を隠しているのか。

八角は何をしようとしているのか。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

緊張感溢れる冒頭から始まります。

大小あれど、どこの会社にもありそうな会議風景から始まりましたね。

自分にも心当たりがあるので、いきなり及川光博さん演じる原島課長には共感出来てしまいました(笑)

前半では野村萬斎さん演じる八角さんが悪者のように描かれるが、実は色々と動いていたんだよってところが良かった。

最初の方の、八角の笑い方が悪すぎるの悪に見えるのかな。

池井戸さんの作品では「空飛ぶタイヤ」や「半沢直樹」が有名ですよね。

どれも、会社の闇の部分を暴くといったスカッとする内容なので受けがいいのかな。

大企業になるとこんなにも色々なことがあるのかーとか思いながら観ると面白いです。

後半になるにつれて、展開が激しくなる様はワクワクがとまりませんね。

会社に勤めているサラリーマンは必見の映画だと思います。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「七つの会議」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします