「俺はまだ本気出してないだけ」の紹介の感想

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき

ありがとうございます。

映画が大好きで、邦画を

中心に観ているたけぉです。

さて今回は、いつになったら本気を出すんだ!?

という「俺はまだ本気出してないだけ」

ご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味を

もってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

俺はまだ本気出してないだけってどんな物語?

青野春秋による漫画が原作。

福田雄一監督・脚本、堤真一主演で2013年6月15日に劇場公開された。

福田組のキャストも参加している。

42歳、バツイチの男が、いきなり会社を辞めて、自分のしたいことをする!といって生きる。

そのやりたいことがなんと漫画家だった。

まだ本気を出していなかった男の、本気の人生が今始まる…

出演者の紹介

大黒シズオ:堤真一

バツイチ、子持ちの中年男。42歳。まだ本気を出していない。

大黒鈴子:橋本愛

シズオの一人娘。高校生。17歳。留学を目指してる。

大黒志郎:石橋蓮司

シズオの父親。シズオを見ては説教ばかりしている。

宮田修:生瀬勝久

シズオの幼なじみの親友。バツイチ。普通のサラリーマン。

市野沢秀一:山田孝之

シズオのバイト先の新人。無口で金髪。ハンバーガーショップやキャバクラなど、バイトを転々としている。

村上政樹:濱田岳

出版社「中学館」の漫画誌「EKKE」の編集者。シズオの作品より、シズオの生き様に興味を持っている様子。

宮田の前妻:水野美紀

宮田正男:秋元黎

修の息子。両親の離婚後は母と暮らしている。パン好き。

宇波綾:指原莉乃

村上退社後のシズオ担当の編集者。

本物の店長:賀来賢人

シズオが働くハンバーガーショップの本当の店長。25歳。

田中:川久保拓司

ハンバーガーショップの店員。チャラい性格。

クニさん:蛭子能収

居酒屋の料理人。

小室武士:池田成志

人気漫画家。シズオと同い年の42歳。

占い師:佐藤二朗

シズオに陣背のアドバイスをする怪しげな人。

不動産屋:ムロツヨシ

修に怪しげな物件を勧める。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

42歳でバツイチ子持ちの大黒シズオは、「本当の自分を探す」という理由で会社を辞める。

毎日朝からゲームをしてばかり。お金が無くなっては高校生の娘に借金していた。

バイト先のハンバーガーショップではミスを連発し、若い子たちからバカにされる日々を送っていた。

そんなある日、ふらりと立ち寄った本屋で手に取った雑誌をみて、「漫画家」になると決める。

出版社へ持ち込みをかけるが、ことごとくボツになる…。

幼馴染のや、バイトで知り合った市野沢祖父を巻き込んでハチャメチャな42歳の漫画家への道が今始まる…

たけぉの評価

たけぉの評価としては5点満点の評価では、

4.3点です。

点数をつけるにあたり、評価した項目は4つです。

【ストーリー】

【演出】

【メッセージ】

【本気度】です。

【ストーリー】は4点です。

福田監督にしては、すっとんでいなく人間味あふれる作風で話が進んでいきます。

人生に色々な理由をつけて、逃げたり立ち向かったりとあり、観ていて楽しいです。

シズオが「自分会議」をするシーンで、Tシャツに「カミ」って書いた神?と対話するやり取りは面白おかしいです。

会社を辞めたシズオが、何度もボツになるけど、諦めずに持ち込んでいく様は、本当に自分のしたいことを見つけたのかなと感じた。

シズオの10年先のストーリーを観てみたいと思いました。

【演出】は4点です。

堤真一の演技が秀逸でした。心の葛藤や、表現がずば抜けています。

福田組の山田孝之ムロツヨシ佐藤二朗賀来賢人も出てきて豪華キャストになっています。

指原莉乃も出てくるけど、気づきますかね?今とは別人だ!って思ってしまいました(笑)

なにより、橋本愛が可愛すぎます。あんな娘がいたら、もっと父親として頑張るだろ!って思いました。

スポンサーリンク

【メッセージ】は5点です。

サラリーマンでやりたくない仕事を一生懸命に頑張っている人も素晴らしいし、自分の夢をあきらめずに一生懸命追いかけている人も素晴らしいと思った。

根拠の無い自信が湧いてきたり、描く夢だけは立派だけど、それに向けての行動が出来ていなかったり、観ててわかるわーとなりました。

とにかく、今自分に出来る精一杯のことをやっていこうって思わせてくれました。

【本気度】は4点です。

本気って人それぞれ違うと思います。

本気と思えなくても、その人にとってはそれが本気だったりします。

本気って一体、なんなのだろう?って考えさせられました。

まとめ

シズオには、自身の10か条があります。

ウケなくてもボケることや、子供に交じって遊んだり、叱られても聞き流したり、将来よりもいまを生きることを考えてて。

会社がイヤなら辞めればいい。人生300年と思えば、まだまだこれから!なんて、一見馬鹿らしく思えるが

ポジティブに生きているなーって思う。

本気出す。っていって、休憩だの息抜きだの言うのは誰にでもあることで、わかるーって思います(笑)

シズオの生き方を真似しようとは思わないけど、少なからず共感できるところはあるのではないだろうか。

そして、それを自分の中でどう解釈して活かしていくのかがこの映画から学ぶことなんだと思う。

父親とシズオ、シズオと娘、シズオと幼馴染。それぞれの関係で違う一面があり、魅力がありました。

特に橋本愛演じる鈴子は、本当に健げな子で、こんな娘がいたら絶対にだらけた生活送らないだろ!って思う。

自分に恥ずかしくない生き方をしていかないといけないなーって思いました。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「俺はまだ本気出してないだけ」に興味を持って頂けると嬉しいです。

人生諦めずにポジティブに生きていこうねってお話でした!

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします