「コンフィデンスマンJP 英雄編」の長澤まさみに騙される!あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、コンフィデンスマンシリーズ3作品目の騙し合いの物語。

「コンフィデンスマンJP 英雄編」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

2018年4月9日から6月11日までフジテレビ系「月9」枠で放送されたテレビドラマの劇場版です。

テレビドラマは全10話で構成されており、毎回豪華ゲストが登場しました。

2019年5月には「ロマンス編」として映画化され、2020年7月23日に「プリンセス編」が劇場2作目として公開されています。

2022年1月14日に3作目が劇場公開された。

監督は「コードブルー3rd」「アンサング・シンデレラ」などを手掛ける田中亮。

「コンフィデンスマンJP~ロマンス編~」で映画監督デビュー。

主演は前作から引き続き、長澤まさみが担当、東出昌大・小日向文世も続投している。

予告動画の紹介

出演者の紹介

ダー子:長澤まさみ

ご存知最強コンフィデンスマン。

ボクちゃん:東出昌大

真面目で小心者のコンフィデンスマン。

リチャード:小日向文世

百戦錬磨のコンフィデンスマン。

五十嵐:小手伸也

ダー子ラブなコンフィデンスマン。

赤星栄介:江口洋介

ダー子を付け狙う日本のゴッドファーザー。

コックリ:関水渚

財閥フウ家の当主を務めている子猫。

モナコ:織田梨沙

ダー子に弟子入りした子猫。

波子:広末涼子

ハニートラッパー。

丹波:松重豊

警視庁捜査二課の刑事

三代目ツチノコ:角野卓造

伝説のコンフィデンスマン。

ホー・ナムシェン:生瀬勝久

悪徳芸能プロモーター。

城ヶ崎善三:石黒賢

有名な美術評論家だが悪徳。

マルセル真梨邑:瀬戸康史

インターポールのスーパーエリート。

ジェラール・ゴンザレス:城田優

今回のオサカナでスペインのマフィア。

畠山麗奈:生田絵梨花

ゴンザレスの内縁の妻。

政府官僚:髙嶋政宏

謎の女:真木よう子

スポンサーリンク

あらすじの紹介

とある国で身寄りのない子供を誘拐し、名画と取引をするという姑息な詐欺事件が発生する。

インターポールのスーパーエリート・マルセル真梨邑は子供を無事に保護するも、謎のカードを発見する。

そのカードには「ツチノコ」が書かれていた。

今から100年前、日本では悪しき富豪たちから美術品を巻き上げて、貧しい人々に分け与えていた英雄がいた。

その英雄の名は「ツチノコ」だという。

「ツチノコ」は当代随一の腕をもつコンフィデンスマンが代々受け継いできた称号だが、3代目が亡くなったことで、継承されていなかったはずなのだ。

そして東京ではダー子が「釣りをしたい」と駄々をこねていた。

出典:映画.com

前回のプリンセスから2年間、大きなオサカナも見つからずにいたのだ。

ボクちゃんはダー子にはコンフィデンスマンを辞めて、普通の生活をしてもらいたいと思っていた。

しかし、ダー子にそんな言葉は通じるはずもなく、3代目ツチノコに師事した3人の中で誰が一番下を決めようと言い出す。

そして、場所を世界中のセレブが集まるマルタ島・ヴィレッタにうつす。

出典:映画.com

今回、ダー子が狙うは、時価20億円にものぼる「踊るビーナス」

所有するは、莫大な財を成して引退している元スペインマフィアのジェラール・ゴンザレス。

彼には内縁の妻、麗奈がおり、ボクちゃんはまず麗奈に近づこうとしていた。

出典:映画.com

一方、ダー子も五十嵐を味方につけて、海上自衛官になりすましジェラールに近づいていく。

ジェラールの屋敷に入り込むことには成功するが、そこにはインターポールのマルセル真梨邑がいた。

彼はダー子たちが来る前から、ジェラールの周辺で「ツチノコ」逮捕のために張っていたのだ。

出典:映画.com

ダー子・ボクちゃん・マルセル・ジェラール。

お互いが腹のさぐりあいを始める中、日本から詐欺師を追いかけてきたという丹波刑事も加わる。

そして、あの男・赤星もマルタ島に上陸していたのだ。

出典:映画.com

ボクちゃんは麗奈が好きでジェラールのところにいるのではないと気づき、抜け出そうと画策する。

買い物を装い、二人で抜け出して、踊るビーナスを換金しようとしていたのだ。

しかし、二人は「ツチノコ」に攫われてしまう。

誘拐されたもののボクちゃんの機転で、脱出することに成功するが、追いつかれてしまう。

さらに心臓に持病のある麗奈が発作を起こしてしまう。

ボクちゃんは追手に殴られて気を失いかける中で、4代目「ツチノコ」をみる。

男は役者が揃う中、姿を見せなかったリチャードだった。

出典:映画.com

リチャードの非情な行為に対して、ショックを隠せないボクちゃん。

麗奈の運ばれた病院で、丹波に詰め寄られ、マルセルに懐柔されてしまう。

ボクちゃんはダー子・リチャードのためを思い、とある作戦に協力する。

それは自分を犠牲にして、ダー子とリチャードを逮捕させるというものだった。

出典:映画.com

そしてついにダー子がインターポールに逮捕されてしまう。

牢屋に入れられたダー子・ボクちゃん・リチャードを見つめるマルセル。

その顔はまるで全て計画通りと言わんばかりだった。

果たしてダー子は踊るビーナスを奪えるのか。

3人の勝負の行方はいかに?

今回もあなたは騙されてしまう!?

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

10点です。

非常に面白く、またまた騙されてしまいました。

脚本が本当にすばらしいですね。

おそらく観る人は皆「騙されないぞ」って思いながら観ると思うけど、結局騙されてしまう。

期待を裏切らない展開に大満足です。

そして、何より今作で感動したのは、スタア(竹内結子さん)とジェシー(三浦春馬さん)が作品の中では生き続けているということ。

制作者の深い愛情を感じ、涙が溢れてきました。

出演者の方はどんな気持ちで彼らの役名を発したのだろうと。

そしてビッグスクリーンでも色褪せない長澤まさみさんの魅力がたくさん詰まっていましたね。

相変わらずの顔芸(?)も面白かったです。

次作がありそうな終わり方をしていたので、楽しみにしていたいと思います。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

長澤まさみさん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

瀬戸康史さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「コンフィデンスマンJP 英雄編に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします