「とんび」の阿部寛と北村匠海に涙する 。あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

さて今回は、幾度途切れても必ずつながる親子の絆の物語。

「とんび」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

直木賞作家・重松清のベストセラー小説が原作。

NHK総合テレビとTBSで連続ドラマとして放映されている。

2022年4月8日に劇場公開された。

監督は「糸」「護られなかった者たちへ」の瀬々敬久。

主演は阿部寛北村匠海

予告動画の紹介

出演者の紹介

市川安男:阿部寛

豪快奔放な町の人気者でアキラの父。

頑固者だが家族のことを何よりも考えている。

市川旭:北村匠海

母を事故で亡くすも父の愛を受けて育つ。

母の死の記憶がない。

市川美佐子:麻生久美子

愛情豊かなヤスの妻でアキラの母。

不慮の事故で命を落としてしまう。

健介:井之脇海

由美の連れ子。

美月:田辺桃子

アキラと由美の子供。

由美:杏

出版社に勤めるシングルマザー。

照雲:安田顕

ヤスの幼馴染。

幸恵:大島優子

照雲の妻。

島野昭之:田中哲司

ヤスの義弟。

たえ子:薬師丸ひろ子

両親が居ない安男の姉代わりをし、彼の子育てを手伝っている。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

昭和37年、広島県備後市。

不器用で頑固で乱暴者の市川安男と妻の美佐子の間に、初めての息子、アキラが生まれた。

アキラが生まれて、ヤスは人が変わったように真面目に仕事をするようになった。

子供が出来て、親になった喜びを毎日感じて、愛する妻とともに幸せに過ごしていた。

出典:映画.com

しかし、そんなある日の出来事。

妻の美佐子とアキラがヤスの職場を見学しに来たときに事件が起きてしまう。

アキラが積荷にタオルを引っ掛けてしまい、引っ張ったその時、荷崩れが起きてしまう。

アキラをかばおうと駆け寄るヤスと美佐子。

美佐子のほうが早く、アキラをかばうように荷崩れに巻き込まれてしまう。

アキラは助かったが、美佐子はこの事故で生命を落としてしまった。

ヤスは職場に連れてきたことを後悔するも、アキラを育てるために、しっかりしなければいけないと奮い立たせる。

出典:映画.com

アキラは母がなぜ死んだのかを知らなかった。

事故の記憶がないのだ。

母がいないことで友達と喧嘩してしまうアキラ。

そんなアキラを見て、悩むヤス。

ヤスは幼馴染の照雲の寺に泊まることにする。

そこで照雲の父に、励ましの言葉を投げかけられ、周りの人に助けてもらっていることを実感する。

出典:映画.com

ヤスは幼い頃に母を亡くし、母の兄夫婦に引き取られて育っていたから、本当の親のぬくもりを知らないのだ。

しかし、ヤスは小料理屋のたえ子を始めとした多くの人に愛されて育ってきた。

アキラもまた、そんな人達に囲まれて育っていった。

ヤスとアキラは、徐々に美佐子の悲しみを乗り越えていき、成長していく。

だが、問題は残っていた。

ヤスは母の死の真相をいつかは話さないといけないと思っていた。

アキラが小学生になった頃、アキラが母の死について周りの人に聞いて回っていることを知る。

卒業間近になったとき、ヤスは意を決してアキラに打ち明けようとした。

出典:映画.com

しかし、母の死がアキラのせいだということは伝えられず、自分の身代わりで死んでしまったことにして、打ち明けた。

このことでギクシャクし始めるヤスとアキラ。

そんなある日、部活で後輩と揉めたアキラは、ヤスとぶつかってしまう。

反抗期を迎えていたアキラだったが、このことでヤスの想いに気づき始める。

出典:映画.com

月日が立ち、アキラが高校を卒業するときが迫ってくる。

とんびが鷹を産んだと揶揄されたくらい、アキラは優秀な子だった。

東京の早稲田に行きたいと思うが、父を残していくことに心残りがあった。

ヤスもまた息子の未来を願うも、離れてほしくないという気持ちが止められなかった。

父と子の激しくも美しい物語をぜひ劇場で観てください。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

家族愛としては一級品の作品だと思いました。

ヤスもアキラも「母の愛」を知らずに育った環境。

しかし、幸いなことに周りには温かい人達がたくさんいたこと。

前半の雪が降る海岸でのシーンは印象に残る名場面だと思った。

母がいなくて悲しむアキラに、父がいることと周りには自分を愛してくれている人が多くいることを教えた和尚。

その恩人が病床に伏せたときに、喧嘩していた父と一緒に駆けつけたシーンが繋がって涙が出た。

アキラが就職試験で書いた作文をヤスが読み、全ての真実を知る。というシーンはこの映画の中で一番のポイントだと思う。

ヤスとアキラが互いに言えずにいた事が、実はしっかりと伝わっていたんだよ。と。

この作品を観て、両親に「ありがとう」と言える人間になりたいと思いました。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

阿部寛さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

北村匠海さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「とんびに興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします