「新聞記者」の松坂桃李の演技に注目!あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、新聞記者とエリート官僚の苦悩と葛藤を描く物語。

「新聞記者」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

東京新聞所属・望月衣塑子の同名の著作を原案にした作品。

2019年6月28日に劇場公開された。

監督は「宇宙でいちばんあかるい屋根」「ヤクザと家族 The Family」の藤井道人。

主演は「不能犯」「孤狼の血」の松坂桃李と韓国の女優シム・ウンギョン

2019年に第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞に選ばれている。

主演の松坂桃李シム・ウンギョンはそれぞれ、最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞を獲得。

監督も優秀監督賞・優秀脚本賞を獲得している。

予告動画の紹介

出演者の紹介

吉岡エリカ:シム・ウンギョン

東都新聞社の記者。

父は優秀なジャーナリストだった。

杉原拓海:松坂桃李

内閣情報調査室官僚。

出産を控えた妻がいる。

杉原奈津美:本田翼

拓海の妻で現在妊娠中。

倉持大輔:岡山天音

吉岡の同僚。

都築亮一:高橋努

杉原とかつて一緒に仕事をしていた官僚。

神崎の後任となっている。

神崎俊尚:高橋和也

杉原の元上司。

謎の自殺をしてしまう。

陣野和正:北村有起哉

吉岡の上司。

多田智也:田中哲司

杉原の上司。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

東都新聞社で記者として働く吉岡エリカ。

日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ったが、日本の新聞社で働くことを選んだ。

彼女の父は優秀な記者だったが、たった一度誤報を出してしまい、自殺してしまう。

しかし、強かった父が自殺するはずがないと思っているが、証拠がなにも残されていなかった。

出典:映画.com

そんな彼女のもとに、一通の奇妙なFAXが届く。

それは、大学新設計画に関する極秘情報が匿名で送られてきたのだ。

通常とは違う点、内閣府が主導し、民間が運営するというところに興味を惹かれ、上司の陣野から送付相手を調べろと指示を受ける。

自宅に帰ってからも懸命に調べていく吉岡。

一方、外務省から内閣情報調査室に移動したエリート官僚・杉原は内調の仕事に疑問をもち始めていました。

出典:映画.com

外務省では、かつての上司の神崎から「誠心誠意、国民に尽くす」ことが仕事だと教え込まれてきた。

しかし、内閣情報調査室での仕事は、現政権にとって不都合なニュースのコントロールばかりだった。

現上司の多田は「これが国のためだ」と杉原に言いますが、とてもそうは思えない。

杉原がそう思うのも無理はなかった。

出典:映画.com

首相おかかえの作家が起こしたレイプ事件で、被害者の女性が顔出しで会見を開くも、加害者は逮捕寸前で逃れていた。

担当の刑事も事件から外されるなど、大きな力が働いたとしか思えない内容だった。

会見に出席していた吉岡は、女性の勇気に共感し、記事を起こすが小さく扱われただけだった。

一方、杉原は多田から被害者女性が、野党議員とのつながりがあるという筋書きをつくれ。と指示を受ける。

杉原はウソの情報をでっち上げることに抵抗を覚えるも、作成したものが内閣情報調査室のSNSで拡散される。

しかし、その情報操作がスクープされてしまい、杉原は多田から叱責を受ける。

杉原が多田から言われたことを実行しただけだった、いわれのない案件だった。

杉原が愛する妻が出産を控えている中、かつての上司の神崎から連絡を受ける。

出典:映画.com

尊敬していた上司からの連絡で久しぶりに飲みに行く約束をする杉原。

久々の再会に話が弾むが、神崎から「俺のようにはなるなよ」とつぶやかれる。

酔いつぶれた神崎を自宅まで送り届ける杉原に、神崎の妻はなにか言いたげでしたが、感謝の言葉だけ伝える。

しばらくして、杉原の元に神崎が自殺したという報せが入る。

吉岡は、調査をかさねて、大学新設の謎のFAXの送り主は神崎ではないかということを突き止めていた。

出典:映画.com

吉岡と杉原。

ついに交差する新聞社と内閣情報調査室。

闇に立ち向かう二人の真実は…

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

アカデミー賞3冠達成の作品にふさわしい内容でしたね(何を偉そうにw)

松坂桃李さんシム・ウンギョンさんも良かったですが、影の功労者としてはやはりこのお二人ですね。

北村有起哉さん田中哲司さんです。

特に田中哲司さんの役どころがなければ、この作品は成り立たないかと思いました。

闇の入り口に過ぎない存在だけど、それでも迫力ある存在感を出してくれました。

作品の内容自体、大きな挑戦になっている。

忖度と同調圧力で溢れている社会に一石を投じたことはすごいことだと感じました。

そして、その作品を演じきった役者の方々に拍手を送りたい。

ラストの杉原のセリフはどんな思いで、どんな言葉を発したのか議論にわかれるところですね。

ボクは、最後には「家族を選んだ」のだと感じました。

皆さんはいかがでしたでしょうか。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

松坂桃李さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

本田翼さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

岡山天音さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「新聞記者に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします