「こんな夜更けにバナナかよ」のあらすじと感想、評価とレビュー

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、体が一人では動かせない男の愛しき実話

「こんな夜更けにバナナかよ」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓本を聴いてみるなら「amazon audible」がお得ですよ!!↓↓

↓↓ギフト券なら「amazon charge」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

「猿ロック」や「極道めし」の前田哲監督作品。

脚本には「ウォーターボーイズ」シリーズや「ビリギャル」の橋本裕志氏が担当します。

2018年12月28日に劇場公開された。

主演は、「探偵はBARにいる」シリーズの大泉洋。

脇を固めるは、三浦春馬高畑充希萩原聖人佐藤浩市竜雷太、と豪華キャスト。

出典:映画.com

出演者の紹介

鹿野靖明:大泉洋

筋ジストロフィーの障害を持つ主人公。

自分の生きたいように正直に生きている。

安堂美咲:高畑充希

田中くんの恋人。鹿野には伝えていない。

最初は嫌がっていたボランティアに徐々に惹かれていく。

田中久:三浦春馬

医者を目指す医学生。

鹿野のボランティアをしていて、親のプレッシャーを抱えている。

高村大助:萩原聖人

鹿野の友人。

献身的に鹿野を助けるボランティアのリーダー。

前木貴子:渡辺真起子

鹿野の友人。献身的に鹿野を助けるボランティア。

塚田心平:宇野祥平

鹿野の友人。献身的に鹿野を助けるボランティア。

鹿野清:竜雷太

靖明の父。

鹿野光枝:綾戸智恵

靖明の母。

田中猛:佐藤浩市

田中総合病院の院長で、田中くんの父。

野原博子:原田美枝子

鹿野の主治医。

予告動画の紹介

あらすじの紹介

舞台は、北海道札幌市。

体の筋肉が徐々に衰えていく「筋ジストロフィー」

その難病を抱えた「鹿野靖明」の障害の生き様を描いたノンフィクションストーリー。

医大に通う田中は、ボランティアを通じて、体が不自由な鹿野と出会う。

鹿野は両親やボランティアの力を借りて、病院ではなく、自宅で自立生活をしていた。

そこに、田中の彼女、美咲が現れるところから物語が始まります。

美咲を新しいボランティアと勘違いし、いつものようにわがままを押し付ける鹿野。

「障害者なら何を言っても許されるんですか!」

憤る美咲に対して、

「だったらもう来なくていいよ!」

と返す鹿野。

触発してしまう二人だが、鹿野は反省をして、手紙を美咲に送ろうとする。

田中に代筆を頼むが、内容はラブレターだった。

美咲に恋をしてしまっていた鹿野だが、美咲が田中の恋人であることを知らない。

徐々に打ち解けてくる鹿野と美咲。

その時、田中は複雑な気持ちで鹿野に接していた。

そんなある日、誰もいない時に鹿野が気を失ってしまい…

心から温まる物語に仕上がっており、涙無くしては観ることは出来ない作品だろう。

出典:映画.com

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

ノンフィクションであること、観る人に勇気と生きる活力を与えてくれる物語。

大泉洋さんの、顔を手以外が動かせない秀逸の演技。

これがなければこの作品は成り立たないと思いました。

声を出せなくなるシーンの迫真の演技は、目を離すことが出来ませんでした。

表情のみの演技が、多くある中、様々なことを伝えてくれたと思います。

劇中で、色々な事に苦悩している田中に、「自分に正直に生きているのか?」と問いかけるシーンがあります。

今の一分一秒を正直に真剣に生きている鹿野から出た言葉だけに重みが違うと感じた。

障害者と健常者を、介護する人とされる人ではなく「友達」だ。と言える関係を築ける鹿野の魅力にやられました。

この映画を観終わった後、もっと自分を大切にしよう。と思えた。

そして、助けを求めている人に手を差し伸べて、助けが欲しい時には声をあげようと思えた。

こんなにも充実した気持ちになれる作品は久しぶりです。

最初の20分ほどは、鹿野の事を「なんだこいつは!?」と思ってしまう(笑)

この思いが最初に植えつけられるので、物語が進むにつれて、より深く感動させられるのだろう。

12歳の時に、20歳までしか生きれないと宣告されるも、諦めずに生き続けている鹿野。

鹿野自身、ボランティアの助けがなければ生きていけないことは分かっている上で、ボランティアに遠慮はせずなんでも言う。

あくまで、対等なのだということを全力で伝えている。

美咲が嘘をついて、田中と交際していたが、それがバレて疎遠になってしまった時に

「その嘘を、本当にしちゃえばいいじゃない!」

といった事。

美咲は冗談と思ったのだろうけど、鹿野は出来ると思ったから伝えた。

この言葉が一気に物語を加速させたと思った。

鹿野の退院パーティーでプロポーズされ、周りの雰囲気や、鹿野への同情のような流れの中、正直に気持ちを伝えた美咲に、感動しました。

きっと鹿野を見てきて、自分に正直にならないといけないな。って思ったのだと思う。

そして、鹿野もふられることを分かっていたような気がした。

映画なので多少は着色しているだろうけど、それを差し置いても観てほしい作品です。

公開されてから2年経ってしまいましたが、とても良い作品に出会えました。

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

大泉洋さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

高畑充希さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...

三浦春馬さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
var nend_params = {"media":66955,"site":340854,"spot":1008655,"type"...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで、邦画を ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「こんな夜更けにバナナかよ」

興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします