「空白」の松坂桃李と古田新太の演技に全てを奪われる!あらすじと感想を届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

魅力的な記事が8000もあるブログはこちらへ↓

出典:MIHOシネマ

さて今回は、娘の事故をきっかけに暴走をしていく父親とその周囲の人間の物語。

「空白」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

2021年9月23日に劇場公開された。

監督は「銀の匙」「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔のオリジナル脚本作品。

主演は古田新太松坂桃李が務める。

予告動画の紹介

出演者の紹介

添田充:古田新太

本作の主人公で職業は漁師。

気性が荒い性格。

青柳直人:松坂桃李

スーパーマーケット「スーパーアオヤギ」の店長。

亡き父から店を継いでいる。

松本翔子:田畑智子

充の元妻で再婚し、妊娠している。

野木龍馬:藤原季節

漁師である充の弟子。

今井若菜:趣里

充の娘である花音が通う中学校の担任教師。

添田花音:伊東蒼

充の娘。車とトラックにはねられて命を落とす。

中山緑:片岡礼子

花音をはねた車を運転していた女性。

草加部麻子:寺島しのぶ

「スーパーアオヤギ」に勤務するパート店員。

人のために何かしたいと常に思っている。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

漁師をしている添田充は気性が荒く、よく人に怒鳴りつけている男で、一緒に漁に出ている青年・野木もうんざりしていた。

そんな添田は離婚しており、一人娘の花音を育てていた。

しかし、ろくに口も聞かずに、花音はただただ怖い父親という認識で、怯えながら暮らしていた。

出典:映画.com

そんなある日、花音は父親に学校のことで相談しようとしていた。

しかし、隠し持っていた携帯電話が見つかり、外に捨てられ叱られたことで相談事を言えずにいた。

花音は学校で大人しい態度で、よく担任の今井から自主性を持ちなさいと何度も言われていた。

出典:映画.com

そんな花音は、ある日立ち寄ったスーパーマーケット「アオヤギ」で化粧品を万引きしてしまう。

その現場を店長の青柳に見つかり、事務所に連れて行かれてしまう。

しかし、花音は隙を観て逃げ出す。

そんな花音を店長の青柳は、全力で追いかけていく。

青柳に捕まりそうになり、花音は車道を横切ろうとした瞬間、車に衝突してしまう。

そして、跳ね飛ばされた先で、トラックにも轢かれてしまい、数メートル引きずられて死亡してしまう。

連絡を受けた添田は凄惨な姿になった娘をみて、ショックをうけ号泣してしまう。

駆けつけた元妻には見るな。と怒鳴りつけた。

マスコミはこの事件に飛びつき、店側に落ち度はなかった。と面白おかしく連日報道を繰り返していた。

花音の葬式の日に、訪れた青柳に食って掛かる添田。

出典:映画.com

青柳は道義的責任から謝罪するが、娘が万引きなどするはずがないと言い切り、添田は許す気はなかった。

万引きの件で添田は悪い友達にそそのかされたのだと思い込み、学校に乗り込んでいく。

添田は、娘が死ぬ前に学校のことで相談があると言いかけたことを伝え、それはいじめがあったのだと決めつけていた。

担任の今井を問い詰める添田。

出典:映画.com

学校側は形ばかりのアンケートを行ったが、その内容はいずれも花音に無関心な生徒ばかりの意見だった。

添田はそれでも納得がいかずに、自分が直接生徒たちと話をすると言い出す。

それを阻止するために校長は、スーパーの店長が過去に痴漢をしたことがあるという嘘の情報を教える。

添田は元妻と電話をしている時、元妻から娘が相談したかったことは三者面談に父親よりも母親に来てほしいという内容だと聞かされる。

そんなはずはないと怒鳴りつける添田は、青柳が娘に何かしようとしたのではないかと疑い始める。

添田は青柳にわいせつ行為があったのではないかと問い詰めるが、青柳は否定する。

そんな光景を面白おかしく報道するマスコミが居た。

出典:映画.com

青柳はマスコミのインタビューに誠実に応じるが、編集で真実を曲げられて報道されてしまう。

これがきっかけでネットなど誹謗中傷が相次ぎ、精神的に追い込まれていってしまう。

そんな店長をパートの草加部は優しく声をかけていた。

草加部は青柳のことを思い、スーパーは被害者だと言うことを宣伝していく。

しかし、そういった行為も青柳にとっては苦痛でしかなかった。

出典:映画.com

次第に増していく添田の圧力に、すり減っていく青柳とその周囲の人たち。

そんな中、もうひとりの自殺者が現れてしまう。

行き過ぎた正義、曲げられた真実。

あなたはこの作品に「何を感じますか?」

スポンサーリンク

たけぉの評価(ネタバレ含む)

たけぉの評価としては10点満点で、

点です。

様々なことを考えさせられる内容だった。

出演されている役者全員が非常にレベルの高い演技力を魅せてくれたと思います。

私の感想としては、何事においてもコミュニケーション、話し合うことが大切なのだと感じた。

添田が娘と日々、話し合える環境を作っていたら全ては収まっていたんじゃないかな。

劇中でも「話し合えば必ずわかり合える」と言っていた。

日常社会において、ささいなことで大きな事件に発展することが往々にしてよくあるものだ。

紐解いてみると何てことはないってことも往々にしてある。

相手から話しかけられるのを待つのではなく、自身から動いていくことが大切。

とはいえ、自分が添田の、青柳の、車の運転手の、それぞれの立場になった時に冷静で居られるかと問われれば厳しい。

添田は終盤に見た、イルカ雲の絵で娘と同じ景色を見ていたことに気づいた。

でも、時すでに遅しというところでやり場のない感情を抱えたまま生きていくのだろうと思った。

青柳は最後の最後にもらった言葉で少し救われたんじゃないだろうか。

「空白」というタイトルは秀逸に感じた。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

松坂桃李さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を 中...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「空白に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします