「ライアー×ライアー」の森七菜の演技が変幻自在!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

さて今回は、自分と弟と変装した自分の不思議な三角関係の恋愛物語。

「ライアー×ライアー」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

金田一蓮十郎の漫画が原作。

「デザート」で2010年4月号から2017年8月号まで不定期連載された

単行本は全10巻出ており、2020年11月時点で累計発行部数は190万部を突破している。

2019年2月19日に劇場公開された。

監督は「暗黒女子」の耶雲哉治。

配給はアスミック・エース。

主演は「ラストレター」「天気の子」の森七菜松村北斗

予告動画の紹介

出演者の紹介

高槻透:松村北斗

親の再婚でできた、湊の同学年の義弟。

イケメンで女子からも人気があり、経験豊富。

高槻湊:森七菜

小学生の頃に母親が再婚し、同い年の弟ができる。

城巡りが好きで、大学では日本史研究同好会に入っている。

烏丸真士:小関裕太

湊が小学生の頃、同じ塾に通っていた男子。

湊の初恋の人でもある。

野口真樹:堀田真由

湊の大学の同級生。

湊の良き相談者。

桂孝昭:七五三掛龍也

透の親友。

川西純太:板橋駿谷

湊のサークルの先輩で会長。

高槻紀行:竹井亮介

透の実の父親であり、湊の父。

高槻ひとみ:相田翔子

湊の実の母親であり、透の母。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

高槻湊は義理の弟・透に頭を悩ませていた。

女遊びのひどい透のせいで、中学・高校と尻拭いをさせられてきた。

そして、肝心の透は義理とはいえ姉である湊を毛嫌いしていた。

そんなある日、友人の野口真樹から撮影のお手伝いをしてほしいと頼まれる。

女子高生の服装と今風のギャルメイクをした湊。

出典:映画.com

そんな姿をした湊は、渋谷の街で透と遭遇してしまう。

弟に変な格好しているところを見られたと思った湊はとっさに別人を装ってしまう。

怪しげながらも、その主張を信じてしまう透。

こうして、高槻湊はもう一人の自分「野口みな」を作ってしまうのだ。

さらに、なんと透は野口みなに好意をもってしまう。

湊は真樹に相談をすると、女癖を直すいい機会だと言われる。

出典:映画.com

みなを好きにさせてから盛大に振るという作戦を立てるのだった。

湊は、みなとして透に会っていく中で、携帯電話をプレゼントされる。

そして、自分と付き合いたいなら今付き合っている人と全員縁を切るように伝える。

そんなことはしないと高を括っていた湊だったが、透は全員と縁をきったのだ。

そんな流れから透と付き合うようになったみな(湊)

出典:映画.com

時間を重ねるにつれて、今まで見えなかった透の面に触れていく湊。

真剣に向き合ってくる透に対して、嘘をつき続けることが苦しくなっていく。

出典:映画.com

そんな中、大学の同好会で初恋の人・烏丸と再会する。

共通の趣味や話で盛り上がる中、烏丸から告白される湊。

湊はみなにのめりこんでいく透にこれ以上、嘘をつきたくないとして、別れを切り出すことにする。

親の都合で海外へ行くことになったと透に伝えるみな。

別れたくないと涙する透に湊も涙してしまう。

やがて月日が流れ、烏丸と付き合うことになった湊。

そんな中、透が大学に来ていないということを湊は知ってしまう…

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

7点です。

物語はとても面白いと感じた。

そして、性格や口調の違う二人を演じ切った森七菜さんの演技力を褒めたたえたい。

心の部分も伝わってくるような演技だった。

相手役の松村北斗さんはまだまだこれからといったところかな。

森七菜さんとのシーンが多かっただけに、どうしても比較してしまうところがある。

原作を読んでいない自分が見ると、最初の二人のぶつかりで透は湊の嘘を見抜いていたけど、あえて騙され続けたのかなと思った。

それは、本当は好きだけど、家族になってしまったから気持ちを伝えられなかったんかなと。

半分正解で半分間違いでしたね(笑)

映画を観るにあたり、こうして予想をしてしまうのが悪い癖だと思っています(笑)

デートを重ねれば、重ねる程、嘘だと分かったときのショックが大きいことをわかっていながら、言えない湊。

森七菜さんはそんな葛藤をよく表現してくれたと思いました。

現実ではなかなか考えられないようなシチュエーションだけど、メイク術で騙せるんだなーって思うと男性としては恐いですね(笑)

でも、映画ってこうしたありえないような状況を、さも体験したかのような錯覚にしてくれるのがいいですよね。

続きの話が気になる作品でした!

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

森七菜さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「ライアー×ライアー」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします