「すばらしき世界」の役所広司さんの凄味の芝居!あらすじと感想届けます!

こんにちわ。そして、はじめまして。

本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。

映画が大好きで邦画を中心に観ているたけぉです。

さて今回は、人生の大半を刑務所の中で過ごした実在した人物の物語。

「すばらしき世界」をご紹介させて頂きます

この記事を読んで、少しでも興味をもってもらえたら嬉しい限りです。

↓↓動画配信サービスは「amazon prime video」がおススメ!!↓↓

↓↓音楽配信サービスなら「amazon music unlimited」がおススメ!!↓↓

↓↓電子書籍配信サービスなら「amazon kindle」がおススメ!!↓↓

↓↓アプリ内の課金なら「amazon coin」がお得ですよ!!↓↓

スポンサーリンク

作品情報の紹介

佐木隆三の小説が原作。

配給はワーナーブラザーズ映画。

2021年2月11日に劇場公開された。

監督は「夢売るふたり」「永い言い訳」の西川美和。

主演は数々の名作を世に放ってきた役所広司

予告動画の紹介

出演者の紹介

三上正夫:役所広司

元殺人犯で人生の大半を刑務所で過ごしていた。

津乃田龍太郎:仲野太賀

三上が出所してきて、取材をする若手テレビディレクター。

庄司勉:橋爪功

三上の身元引受人の弁護士。

庄司敦子:梶芽衣子

勉の妻。

松本良介:六角精児

スーパーの店長。

井口久俊:北村有起哉

役所の公務員で三上の担当になる。

下稲葉明雅:白竜

三上と兄弟分のヤクザ。

下稲葉マス子:キムラ緑子

明雄の妻。

吉澤遥:長澤まさみ

津乃田に三上の取材を指示するやり手プロデューサー

西尾久美子:安田成美

三上の別れた妻で、今は再婚している。

スポンサーリンク

あらすじの紹介

冬の旭川刑務所である男が刑期を終えた。

刑務官に見送られてバスに乗る男・三上正夫は元ヤクザだった。

出典:映画.com

行く当てのない三上は、身元引受人の弁護士・庄司勉のところに向かっていた。

長年、刑務所の中で冷や飯を食べてきた三上は勉の妻に、温かいご飯を振舞われて思わず涙してしまう。

その頃、テレビ制作会社を辞めた元ディレクター津乃田の元に、やり手プロデューサー・吉澤から仕事に依頼が届いた。

それは、出所してきた三上が心を入れ替えて、社会に復帰し、息別れた母親と涙ながらに再会するというドキュメンタリーを撮る事だった。

津乃田は一つだけ懸念事項があった。

それは、三上は元殺人犯だということ。

吉澤から送られてきた「身分帳」に目を通して、津乃田はそう思っていた。

身分帳とは、受刑者の経歴が事細かく書かれたノートの事だ。

津乃田は庄司に案内され、病院の一室で三上と出会う。

そこには殺人犯らしからぬ笑顔の三上がいた。

出典:映画.com

取材をする代わりに、母親を探してほしいという三上。

下町のおんぼろアパートで生活が始まった三上は今度こそは刑務所に戻らないと誓っていた。

仕事を始めようと役所に行き、ケースワーカーの井口と出会うが、なかなか職が決まらない。

津乃田の助言もあり、運転する職に就こうとするが免許証が失効してたのだ。

免許証を取り直そうとするが、受付の女性に意見が通らず、声を荒げてしまう。

さらに、帰りのスーパーで万引きを疑われて、店長・松本に問い詰められてしまう。

出典:映画.com

ここでも声を荒げて怒りが抑えられなくなってしまう三上。

自身の感情を抑制できずに苦悩する三上をみて、松本は一転して三上に免許さえ取れれば仕事を紹介できると伝える。

三上は改めて免許をとろうと教習所に通い始める。

しかし、三上の運転は荒々しいものだった。

出典:映画.com

その日の夜、三上は吉澤と津乃田に誘われて、焼肉屋へ行く。

そこで、仕事をしなければいけないが、その為の免許がとれない。

さらには、教習所に通い続けるお金もないと嘆いてしまう。

出典:映画.com

吉澤は三上に番組の真意を話し始めた。

元殺人犯の三上がこの生きにくい社会の中で、更生していく姿を全国放送で流せば観る人に新鮮な感動を与えるはずだ。と。

しかし、その帰り道に衝撃に事件が発生してしまう。

サラリーマンがチンピラ2人に襲われている現場を目撃してしまう。

出典:映画.com

三上は見過ごすことは出来ずに、チンピラを人気のない場所まで誘導する。

そして、その場でいきなり殴りかかるのだった。

衝撃の場面に出くわした吉澤と津乃田はカメラを回し始める。

出典:映画.com

三上はチンピラ2人を半殺しにしてしまうのだった。

津乃田は初めてみる三上の狂暴な側面に言葉を失ってしまう。

その後も、社会で真っ当に生きていきたいと思う三上の心を裏腹にうまくいかない日々が続く。

三上は地元九州の暴力団のもとに身を寄せることにする。

しかし、ここでも自分の居場所はなかった。

失意の中にいた三上だったが、津乃田が幼少期に過ごした養護施設に行こうと三上を誘い出した。

行方不明の母親の情報は得られなかったが、津乃田の想いを受け取り、二度とヤクザの世界に戻らないと決意する。

東京に戻った三上は井口の斡旋により、介護施設で働けることになる。

歓喜する津乃田や庄司たち。

しかし、時給990円で働き始める三上に最後の試練が訪れてしまう…。

スポンサーリンク

たけぉの評価

たけぉの評価としては10点満点で、

8点です。

生きる事、働けている事、ただ毎日を無事に生きていられることについて考えさせられた。

同じ世界でも、人によっては生きにくい世界になっているんだなと。

九州に戻ったときに言われた「娑婆は我慢の連続ですよ。我慢のわりに面白くない」という言葉が身に染みた。

今の世の中、暴力で解決できることは何もない。

だけど、暴力しか出来ない人たちもいる。

悪を見逃せない三上にとって、この世界は生きづらかったんだろうなと思います。

人は見た目や経歴で様々なことを判断してしまう。

中身を見ないとこの作品のように、誤った結果になってしまうのかもしれない。

誰かの失敗を日々の糧にして、生きている人が多くいると思う。

ニュースで飛び込んでくる不倫や汚職なんかを見て、この人よりはマシだなと思って自分を美化してしまう。

そう思ったとしても、自分自身は何一つ変わっていない事に気づかなければいけない。

人生とは模索の繰り返しなのだと思いました。

それにしても役所広司さんの凄味ある演技には驚かされましたね。

私なんぞがいうモノもおこがましいですが、さすが。と一言です。

養護施設で、三上の背中を流す仲野太賀さんの演技もうるっときてしまいました。

生きる事に苦しんでいる、悩んでいる人たちへ観てほしい作品だと思います。

スポンサーリンク

出演者のたけぉ的おススメ作品の紹介

仲野太賀さん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...

長澤まさみさん

こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は、当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているた...
こんにちわ。そして、はじめまして。 本日は当サイトに来ていただき、ありがとうございます。 映画が大好きで邦画を中心に観ているたけ...

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

これを機に「すばらしき世界」に興味を持って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

良かったらフォローお願いします